So-net無料ブログ作成
検索選択
息子達のレース ブログトップ
前の10件 | 次の10件

八幡浜キッズA、B [息子達のレース]

いやー、はるばる四国愛媛の八幡浜まで来た甲斐あるレースしたな。
やっぱり関西勢は強い!ガチンコで挑んだものの、九州の子とヒカルっちには歯が立たずの3位。
2017-04-25T23:03:05.JPG
スピード勝負は着差以上に力差を感じたレース。
あともう一回、朽木でクライム勝負で今年3度目の再戦に期待。
2017-04-25T23:03:05.JPG
イッセイも課題山積み、、7位くらい。。
まあ一年前から俺はわかってたけど、ようやく本人も力差を痛感したみたい。
このままじゃ白馬はライバル達に負けると悟ったようだ。
後3カ月、2人ともどれ位練習を積み上げて行けるかだな。
2017-04-25T23:03:05.jpg2017-04-25T23:03:05.JPG

八幡浜の帰り、伊賀で一泊して帰りがけにゴンゾーパークへ、
ヒダカがメッチャ進化したぞ!
2017-04-25T23:03:05.JPG2017-04-25T23:03:05.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

とりでクリテ アンダー12 [息子達のレース]



今年も小学3年で格上挑戦。
結果は8位、昨年のタイムより1分13秒更新、
脚が回ってなかったなりにはうまくまとめた。本当は6年生のパックに入って展開して欲しかったが、、
700Cに乗り換えたのもあるけど、成長分としてはずいぶん伸びたかな。
ゼン以上の子たちは皆6年生、来年はこのクラスにいないとなるとちょっと物足りなくなるなぁ。。

kekka.jpg

イッセイは不発に終わって、アンダ−9で20位。
どうにも成績が不安定だな。
nice!(0)  コメント(0) 

中京遠征2日目平田クリテ第2戦 [息子達のレース]

一晴はほぼぶっつけで24インチのアンカーRJ1、
そして然は1年も前から用意してたのに全然乗らなかったエディメルクスでの700Cデビュー戦。

image1.JPG

これまで全く気に入ってなかったメルクス、、
子供なんて現金は物で、先週の元メリダチームの遼くんが東京シクロクロスでメルクスに乗ってるのを知った途端、
俺もメルクス乗ってる!と遼くんと話す然。
ちっとも乗らなかったじゃねーか!とつっこみたくもなったが、、
ケンちゃんといい、本当にこのチームとは縁があるなと、これでメルクス乗ってくれれば御の字。
そして前日のテストを踏まえて24ピナレロと比べ、メルクスをチョイスして臨んだ平田クリテ。
結果は5.6年生クラスでスプリントの末3位。

image2.JPG

これまで24のピナレロじゃチャンプの背中も遠かったが、調子の良さもあり差はかなり小さくなってきた。秒差に直したら1秒ちょっとくらいか。
メルクスにかなりの手ごたえを感じたみたい。

レース後の午後はチャンプ達と初めて練習。
場所を長良川クリテを開催している場所に移動。
ここも最高の練習環境だなぁと強く感じる。
僕は体調が悪かった為、チャンプ家のお父さんに任せ、
5kmTTやショートトラックでの模擬レースと普段なかなか出来ない練習メニューに、然も一晴もくらいついた。
TTは完敗だったけど、ショートトラックでは初めてチャンプに先着した然。
模擬レースだったけど嬉しそうだったな。
一晴も意地で全て同じメニューをこなして2人ともメチャメチャ身のある練習が出来た。

中京のみなさん、本当にお世話になりましたー!

image4.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

東京シクロクロスCK2 [息子達のレース]

ゼン、久しぶりの勝利。
昨年の年末あたりから負けが込んでた鬱憤を晴らすが如く攻めまくり、
2位に43秒の大差をつけての圧勝!

種目は違えど、2位の子は四日市ロードで負けて、
3位の子にはメリダカップで負けてたのでゼンも本当に嬉しそうだったな。

しかも学校の担任の先生も観に来てくれててたし、沢山の応援があっての中の勝利だったんで、
親の俺たちもホッとした一戦でした。。
FullSizeRender.jpg

nice!(0)  コメント(2) 

2017平田クリテ第1戦 [息子達のレース]

今日は、一年ぶりの平田クリテに参戦。
然にとって最大ライバルであり、親友であるソラッチの胸を借りにきた。
ソラッチが5.6年生クラスにエントリーの為、然も同じクラスへ。
ただでさえレベルが高い平田クリテで更に格上挑戦、、どうなる事やらと。
結果は4位。
まずまず脚が回って、昨年鈴鹿でソラッチにつけられた11秒差から5秒差まで短縮。
しかし、ソラッチはこの5.6年生クラスでも若干小学3年生で勝ち切っちゃうんだからもうバケモノだな!
我が家も挑戦しがいがあるもんです。

一晴は1.2年生クラスにエントリーで、大健闘の、2位でゴール!
結構頑張ったぞ。

レース後もソラッチ家とも仲良くワイワイ楽しんで、これから帰宅〜!
FullSizeRender.jpg

nice!(0)  コメント(1) 

全日本シクロクロス宇都宮へ [息子達のレース]

11月終わりから、親父が肺炎で緊急入院、通常の仕事とフィッティングの仕事、他カタログデザインの仕事と土日祝と休み無く3つを暮れギリギリまでやってて、もうバタバタ...
全くブログ更新にまで頭が回ってなかったので、、
今更だけど、記録は残しておかないとと、、

9日10日と宇都宮でシクロクロス参戦と、全日本観戦。
俺はチャレンジで走って10位、ほぼ初めてのシクロクロスは楽しかったし、案外マウンテンより俺向きかも?
然新はCK2、いやー平坦はまるでスピード不足…ライバルにやられて3位。
その前の週のメリダカップも2位で、2週続けてのマウンテンで連敗。
しかも同級生に2連敗は初めて、、
薄々感じてたとは思うけど、これで自分に足りないところがよく分かったんじゃないかな。。

2017年の白馬は色々厳しい戦いになるだろうな。

IMG_6951.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

四日市ジュニアロード [息子達のレース]

こっちのブログでは遅くなりました。。
先週末開催されたロードの全国大会、
オンオフ両制覇を狙って臨んだ大会だったけど、結果は然が12位で撃沈。。
一晴は10位とまあ健闘したかな。

然は仕上がりもアップも順調で今年こそはとの想いと、ただのアルミ24インチロードで上位陣の700Cカーボンフレームにディープホイールに電動Di2に勝つという夢もあったけど、、
結果は今まで負けたことない相手にも先着を許してしまう沈みよう。
本人曰く、スタートしたら脚がスカスカだったと。
原因をここ数日冷静になって探ってみたけど、ちょっと不明。
オーバーワークだったかなぁ、、とか。

レースはスタートして最初の2キロの登りでほぼ勝負は決まると思って登りの練習をしてきたが、
スタートすぐのトンネルの手前で先頭集団とは離されてしまったみたい。
なので機材差とも思いたくはないかな、、

ロードはこの後は、モチベーションの問題もあって未定だけど、
然はどうするんだろうなぁ。。

動画は本当なら最後の勝負どころと思って待ち構えてた坂をヨロヨロと登る然でした…

nice!(0)  コメント(2) 

CJ一里野オープン男子ジュニアクラス [息子達のレース]

エリートと全く同じ泥々のコースを1周、参加条件が四年生以上だった為か然を含んで2人、ただ相手はPRORIDEチームの6年生で相手にとって不足なし!
胸を借りるつもりでのマッチレース。

屈指のパワークライムコースな上に、マッド路面に合わせてタイヤ交換、ギア選択とやる事満載。
スタート後もこれが功を奏したか、序盤から終始ついていく事が出来た。

相手に食らいついて食らいついて、最後の最後、最終コーナー、
フロントホイールを先に突っ込んだラインどりで立ち上がってスプリント、
凌ぎ切っての先着!
見てた俺もビックリ!
良くやった、然のレースで久々に興奮したよ。。
IMG_6658.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

2016鈴鹿ロードキッズ3.4年生男子 [息子達のレース]

1日目、4位。
2日目、3位。前日の反省から何とか表彰台を確保。鈴鹿まで来た甲斐があったよー。。

image1.JPG

しかし、北の狼リョースケくんと関西の怪物ソラくんにはまたもや完敗。
ただ昨年の秋からは少し差を詰められたかなぁ。。
四日市ジュニアロードまであと2ヶ月。
どこまで練習出来るかだな、、

そして、ももちゃんも女子で2位!
白馬に続いて揃って表彰台、良かった〜!

image2.JPG

最後にカズと再会して、褒めてもらって嬉しそうな然でしたー。
image3.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

JOCジュニアオリンピックカップ全国ユース選抜マウンテンバイク大会 小学1年生 [息子達のレース]

イッセイ、ここを目標に春先から練習を重ねて来たけど、
5月のCJ富士見大会のキッズレースでは20インチ車ではあまりにも戦えなかった。
かと言って、身体が小さいイッセイにとっては然が乗ってたメリダの24インチでは大きすぎてた。
悩んだ末、急遽マチャが乗ってたセンチュリオンの24インチのフレームを譲ってもらった。
これトップチューブが短い上に湾曲してスタンドオーバーハイトが低くイッセイでも乗れる!
シフターとギア比を試行錯誤しながら、砂利登坂の猛練習を経てついに覚醒した。
不思議とレース後半になってくると脚が回り出して順位を上げて来るイッセイ、
スタミナは無いんだけど年上の子達と走ることで勝負根性も磨かれてきた。

兄ちゃんと違って強いハートもあるので、ぶっちゃけ俺はある程度の手応えは感じていた。
そして試走の時にそれは確信に変わった。
スタート前、いつに無く緊張しているも本人は自信ありげ、やってくれそうだ。

JOCcup2016_-770.jpg
phot:Ayanoさん

レースの方はスタートダッシュ一番でいくものの最初の砂利登坂は3~4番手あたりでクリアしてきたようだ。

13924928_1135023453238596_7057874182592536435_n.jpg
phot:伊東さん

シングルを抜けて俺のフィードでボトルを受け取った時に2番手、表情からもまだ余裕がありそうだし、落ち着いていた。
その時、先頭の子はもう一杯一杯な感じだったので、予め勝負どころと指示していた2本目の砂利登りでどうにかなるだろうとイッセイを見送り、ゴール前に急いで移動した。

13906893_1135023556571919_6698529894544948591_n.jpg
phot:伊藤さん

遠目で見えている勝負の砂利登坂、ジリジリと差を詰めパスしていったのが見えた時、もう決着したなと思ったよ。
後はシングルを抜けストレートに出てきた時には大きな差となって最後の直線を全力で駆け抜けて、連覇でゴールを迎えたイッセイ,良い顔してるな。

JOCcup2016_-786.jpg
phot:Ayanoさん
3908.jpg
phot:ふぉとふぉと館のおじさん

正直、今年のコースは1年生にとっては厳しいレイアウトだと思ったし、俺はここまで想定して練習とレースを積ませてきたんで完全にイッセイ向きだった。
まず2回目砂利登坂は登れる子はほとんどいないんじゃないかなと思っていたが、実際イッセイのみ乗車して抜けてきた。
決してスピードとスタミナがある子じゃあないけど、本当に良く頑張った。
俺の言う事を信じてキツイ練習してきたもんな、これで去年の優勝はフロックだったって誰も思わなくなったんじゃない。改めてチャンピオンだぜ!!


そして最後に我が家のリーサルウェポン、ヒダカ登場!
ストライダーでやる気まんまん、

JOCcup2016_-881.jpg
phot:Ayanoさん

2歳児には長ーい距離だったけど無事完走、最後はよっしゃー!とガッツポーズでゴール。
みんなを笑わせてたよ。

4467.jpg
phot:ふぉとふぉと館のおじさん

これで兄弟三者三様の白馬が終わり、
俺もうたちゃんもホッとしたし、それでも自信を持って二人のチャンピオンの親父と母ちゃんになれた日でもあったのでした。。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | 次の10件 息子達のレース ブログトップ