So-net無料ブログ作成
検索選択

いよいよ

只今、産婦人科へ到着。
うたちゃん入院。
ただまだもうちょっとかかるみたい。

ベイビーちゃん、明日には逢えるかな?。。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

グッドニュース、バッドニュース

今日の昼、青梅の爺ちゃんと話していると、、

俺のブラザー、まだ本人から何も聞いてないが、
どうやら年貢の納め時が決まったようだ。。
喜ばしい日だな。


電話を切るとカヴからメール‥
昨日事故に遭い、足首にヒビが入る骨折との事。
激しく転倒した割にはこんなもんで済んで、
まだ不幸中の幸いだったようだが、
カヴも当分はチャリに乗れない生活だろう、、
富士見に向けて調子が上がってきた所だったから本人も残念そうだ。


でうちのベイビーちゃん、まだ出てこない。
今日の検診じゃあ、いつ出てきてもおかしくないって。
先生も首を傾げているみたい。。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

今ハマってるBGM

夕べ、長い間ずっと確かめたかった事を確認できてスッキリ!
ネットで調べればどうにか辿り着けるものなんだなと。。

というのは音楽の楽曲探し。
ここんとこの黒姫往復は一人の時間なんで、
車のオーディオも好きな曲をチョイスして大音量で!
でももう新しい曲が増えるでもなく、
これまでiPodに入っているのは飽き気味で、、
最近、ちょっとシンフォニックな曲が聞きたくなってて、
アカデミックなのは置いといて、ずっと気になっていい曲だなぁと思っていたのが、
ちょっと昔のフジテレビの競馬中継の中で、本馬場入場の時に掛かっていた曲。
気持ちが奮い立っていくような気にしてくれ、めちゃめちゃカッコ良い。
この曲は割とすんなりYouTubeで見つけられた。
http://www.youtube.com/watch?v=2MpGd7uwplk&feature=player_detailpage

しかし、ずっと確認したかったのが、、
この曲、初めて耳にした時からVガンダムで掛かっていたBGMにそっくりだったと記憶してた。
ただVガンダムがガンダムシリーズの中でも
あまりにもマイナーで動画もたいして無く、
それだけの為に今更ビデオを借りるのも‥と、
ただ競馬の方の曲を聞けば聞くほどVガンダムと同じかどうかを確認したくて激しくネットサーフィン。。

ありました!
曲は違えどそっくりでした。
http://www.youtube.com/watch?v=ayPq4wEnadM&feature=player_detailpage

それもそのはずで、作曲者が千住明という有名な方が両方やられてたのだ!(まったく知らなかった‥)
やっぱりVガンダムの方が先で後から本馬場入場曲だったみたい。
俺の20年近く前の記憶は間違いじゃなかったのが確認出来てホントスッキリ!
しかし、本当にどちらも良い曲、このオーケストラの壮大感、神曲だな。
俺の中じゃ久石譲を超える。。
こんなVガンダムのアルバムでも調べると、
まだAmazonで入手できるのにビックリ、買おうかな。。

因みに同時にハマっているのが、、
フジテレビのツールドフランス総集編のエンディングで掛かる曲。
これも昔から調べてたんだけど、見つかったんで最高です!
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=arN-d-1HjNQ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

斑尾タングラムのスーパーボブスレー

うたちゃん結局気配なしなんで、夕べ一旦黒姫から帰宅。
ホントもうそろそろなんでまたすぐに行くようかもだが‥

昨日は斑尾タングラムへ、話に聞いてたスーパーボブスレー、
どんなもんだかと乗りに初めて行ってみた。
最初に一晴と乗って初ライド、
ハッキリ言って凄い!
スピード感が凄すぎで大人の俺もかなりビビりがるくらい。
コーナーなんか飛び出しちゃうんじゃないかと思うほど。。
ブレーキがあるから減速出来るのだが、
最初はコーナー前にはブレーキをかけないと恐怖だったな。
しかしこりゃあ面白い、子供達はこの強過ぎる刺激に大興奮。
エクストリーマーな一晴はどんどん乗りたがる、
然なんか一人で乗りたいと言い出すくらい。

お互い3回づつ、俺は両方に乗って6回も‥
ちょっとクタクタになったな。
しかし最後の6回目は俺と然で気合いのノーブレーキ走行で完走!
子供達は過去どの乗り物よりも気に入ったようで、
楽しさはあのサマーランドを超えると言っていたよ。。
もちろんもっとやりたいと言ってたけど、
言い聞かせておいたんでまた次回。

ハッキリ、どんなジェットコースターより刺激的だから
大人でも十分以上に楽しめるんで、
一度行ってみる価値は有りです!
ただし前走者との感覚を十分に空けないと詰まってしまって強制ストップを強いられ、
あとダラダラになっちゃうから空いてる時期に行くのがいいかも。
CA3I02480001.jpgCA3I02500001.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

週一の検診では

今朝、週一の検診に行って今黒姫に戻ってきた。

結局夕べ夜中の痛みは治まったみたいで、検診受けたうたちゃん。
でも今日の検診ではあと2.3日中っていう診断だったようだ。

ベイビーちゃん、逢えるのはもう間もなくだな。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

黒姫通い

今週末も黒姫、先ほど到着。。
でもちょっとうたちゃん、怪しい感じ。。

いきなり間もなくか??
nice!(0)  コメント(0) 

最後にフリスビー大会

練習終了後に子供達が戻ってくると、川遊びをしてきたらしい。
クタクタなはずなのに夕方からまたフリスビー大会。
せっかく風呂に入れたのに、また汗だくになって
フリスビーを追っかける2人。
しかし然はキャッチとスロー、共に相当上手になってきた。
一晴もかなり上手くなったよ。
本当にうちの子はハマるとトコトンやる。
カヴもこんなにやってくれたらあげた甲斐もあるって喜んでくれてたよ。
俺もそんな2人と遊んでこの夏休みは楽しかったよ。

帰宅した後から聞いたんだが、俺が帰った後、
然は俺が帰ってしまったのが寂しくて大泣きだったらしい。
いつもは一緒に寝て、子供達が寝た後に帰ってたからな、、
ちょっと可哀想だったかな。。
でもそんな風に泣いてくれるなんて愛おしくてたまらないよな、、
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

燕温泉登坂練

日曜日、朝食前に子供達とフリスビー、
段々上手になってきて、すっかりハマったみたい。

朝食を済ませて午前中はカヴとトレーニング。
ノザック練の定番メニューの燕温泉登坂。
本当は斑尾登ってから燕としたかったが、
時間的なのと、カヴのロングに不安があるのとで、
18号を下って一番下からの燕温泉登坂のみのルートで。
俺はカヴを牽く感じで登坂、筋トレがてらアウター縛りでSFR、
カヴは早くもインナーロー‥、
いくらロー27Tでもノーマルクランクだとカヴにはキツいかな。
どうにか関温泉まできたが、ここからもう一段キツくなるんで、
カヴのプリンスと俺のワールドスターとバイクチェンジ、
カヴにバイクとギアがもう少し軽いワールドスターを乗せ再登坂。
まあそれでもギリギリな感じだがどうにか燕温泉へ到達。

戸隠の牧場13時が一応ゴール設定なので、
割と急いで赤倉へ下り、また高速で横移動。
しかしカヴ、途中途中で切れてしまうんでペースを落とす。
12時半を回ったくらいに樹らら前、
カヴの登坂ペースだと戸隠登坂だと大幅に遅刻しそうなので、
カヴと話して樹ららで終了、50Km。
カヴは奥さんにTEL入れて戸隠牧場から戻ってもらうことにした。
後はまったりとどちらの家族の戻り待ち、
カヴとガリガリ君食いたいねなんて話してた。

この日はカヴ家はまだ樹らら泊、
俺は翌日から仕事なんで19時回ったくらいに東京へ帰宅。
長い夏休みも終了、しかしうたちゃんのお腹次第ではすぐ黒姫だよな。。
CA3I02460002.jpg

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

カヴ家が樹ららに

土曜日、この日はカヴ家が樹ららに遊びに来る日。
その前に朝一でうたちゃんの検診に市内まで。
もうパンパンなんだけど、まだここ数日中っていうのは無いみたい。

戻ってくるとカヴ家は到着してたみたい。
その後美味い蕎麦屋と童話館を案内して、
俺は樹ららに戻り子供達と庭遊び。
然は自転車で樹ららの敷地内をぐるぐる。
一晴は小さいプールで水遊び。
俺は新しいカメラを少し使ってみて撮影会。

夕方、カヴ家が童話館から戻ってきたんで、
俺とカヴはちょっとだけ森ライド。
登山道を直登じゃなくジープロードを使って登り、途中からダウンヒル。
ここ、何度下っても気持ちいい!
あとは町民の森内を少しライドして8Kmくらいで終了。

戻ってくるとカヴがうちの子に優勝祝いと言ってくれた、
ボンネルンドのソフトフリスビーに夢中になって遊んでた。
こりゃ良いもん頂いたな。。

夜はカヴとゆっくり呑んだ。
こうやって泊まりで呑む機会もなかなかないから良かったよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

戸隠の忍者村

金曜日、俺が来たら連れて行って欲しいと、
ずっと懇願されてた戸隠の忍者村へ。
2.3年前くらいかな?ここへ然を連れてきた時には全然出来なくて、
怖い怖いで泣いていたくらいだったけど、
今はこういったアスレチックスみたいなのがめちゃめちゃ面白いみたい。
とくに一晴がお気に入りで頑張って楽しんでるし、
結局もう一周やると2人とも腕力の限界まで遊んでた。
因みにそれに付き合っている俺も腕が筋肉痛になったよ‥。
最後に一晴が入りたいと言って一緒に入ったからくり屋敷、
一晴、ビビりまくって相当怖がってたのがまた可愛いかったな。。
CA3I02420001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

然と登山道ライド [家族]

木曜日の朝、木島平へ行く前に然と黒姫山表登山道を少し走る。
緩やかなジープロードを使ってゆっくり登る。
800m程進むと下りの入り口、
ここをショートダウンヒル!



然も上手に下ってきて楽しかったみたい。
然、だんだんマウンテンバイカーになってきたよな。。

CA3I02410001.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

木島平〜霊泉寺でのんびりと

木曜日、またまたまた木島平のパークゴルフ場、
今度はお義父さんお義母さん、マッキーん家と大勢で。
お義母さんがここへ来たかったみたいで、みんなで楽しんだ。

その後は霊泉寺の天狗の湯で一杯やりながらのんびりと。
樹ららにお客さんがいない日は、
こうやって親戚家族で楽しめた貴重な日だよな。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

黒姫山表登山道

水曜日、朝一でうたちゃんが検診で長野市内へ。
俺も髪の毛切ろうと一緒に行くも、
2人して盆休みで何も出来ず、、
子供達が居なかったから朝マックして戻る。

日中は子供達とお義父さんは魚釣りへ、
俺は部屋で名前でも考えながらのんびり過ごす。

夕方近くまでのんびりしてたらさすがにヒマで、
身体休めしてたんだけど、マウンテンで出発。
どこへ行こうかと考え、とりあえず近場の黒姫山の登山道を行けるとこまで。
ここは以前うたちゃんが急勾配でマウンテンバイクで行く所じゃないよ、
と言われていたんで足が向かなかったけど、
今は29erになったからちょっとは走れるんじゃないかと思いトライ。

登りだすと案外グイグイ登っていける、
というよりは長淵山を走り慣れている俺には普通。
なので樹ららから約4Kmまで登ってみた。
ホントはもっと登ってみたかったが、あまりに軽装備で日も傾いているんでここで断念。
下りだすと、これは極上ダウンヒル!
気持ち良く最高のトレールで先日ハンティングしたトレールより更にいいな。
正に裏山ダウンヒルでサクッと走って8Km。
130814_1548~01.jpg130814_1607~01.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

朝練〜トレールハンティング

火曜日、連続でN里さんと朝練。
5時半に集合で戸隠〜飯綱ルートでぐるりと一周。
N里さんのペンションの朝食が7時半と言うことで、
途中からはお互い掛け合いの飛ばしまくり、
N里さんかなり登れて調子良さそう。
最後はエアロフォームとって平坦路は俺が牽きまくり。
どうにか間に合ったんじゃないかな、
朝から良い練習でしたの46Km..

午前中は俺にお客さんがきてちょっと重要な話し合い。
あちらもちゃんと俺の話を聞いて頂き、大変意義ある話ができたな。

その間に子供たちは城山の市民プールへ行ってしまったので、
話し合いの時に聞いたトレールを探しに一人で山へ向かった。

130813_1344~01.jpg

まずは入り口探しから始め、途中のルートも土地勘がないから右往左往、、
でも行き着いた山頂は長野市内を一望出来絶景!

130813_1400~02.jpg130813_1401~01.jpg

またルートを探しながらのダウンヒルも面白かった。
そのトレールで合っていたのかどうかはわからないけど、
久々にトレールハンティングした気分。
車で行ったので、北国街道をぐるっと回って10km。
nice!(0)  コメント(0) 

またまた木島平のパークゴルフと笹ヶ峰練 [家族]

月曜日、、子供達が俺が来るのを待ってたんで、
好きな所へとまたまた木島平のパークゴルフ場へ。
ここ早くも今年は3回目、しかし今回は家族3人でプレーしたのもあって、
ホールの進行が早い!しかも貸し切り状態!
然も一晴もますます上手くなってきて何と全36H回ってきた。。
大人の俺ですら36Hは大変だったのに、
子供達も最後まで楽しんでやってたよ。


そんなので時間も押し、夕方にでも黒姫で走ろうとBBQのN里さんとの約束の時間までに戻れず‥
結局16時半過ぎからロードで笹ヶ峰を上がる。
途中までダベリングで登るもN里さんが速い!
少しづつ遅れ、俺は千切れてしまった。
しかも霧の中で、山頂付近のゴールを設定してなくて、
互いにはぐれてしまい、笹ヶ峰は携帯も繋がらないから
俺も野営駐車場や乙見湖へ行ったり来たり、、
仕方なく下山している途中で携帯が繋がり、ゲレンデ下で合流。
結局俺がグリーンハウスへ向かった僅かな時間で
入れ違っちゃったみたい。
何だかんだと日没ギリギリで帰還、46Km。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

大座法師池のアスレチック [家族]

日曜日はOyabun家から黒姫へ移動。
渋滞もそこそこで14時前には到着。

まだ夕方前だったんで飯綱にある大座法師池のアスレチックへ行ってみた。
忍者で鍛えられたのか、然も一晴もすっかり楽しく遊ぶようになったな。。
しっかしこっちは涼しいなぁ!!
CA3I0234.jpgCA3I0237.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ノザック練で松姫峠

土曜日、Oyabunと夏也とで久々のノザック練。
俺とOyabunは自宅から自走で青梅集合。
しかし朝でも暑すぎ‥こりゃ生死に関わる暑さだな。
と言うことでサイクリングなんで美味しい所だけ走ろうってなり、
車で上野原まで移動し、そこから甲州街道で松姫を目指した。

すでに甲州街道を走ってるだけで暑さで参る、
ボトルの水もあっという間になくなる、、
それでも順調に松姫の麓に到着。
ここで一休憩、登坂に備えて補給。
Oyabunに一応目安のTTタイムを伝えておく。
先に夏也が出発し暫くしてOyabun、俺と出発。
Oyabunは割と軽快に走っていったのを見送り、
俺は後で追いつけばいいやペースで走りだす。
しかし、‥ん、何だか脚が回らない。
まだまだ序盤にインナーを使い出す始末、
やばいなTTどころではなくなってきた。
ダムを過ぎトンネル以降の本格的な登坂はずっとインナーロー。
調布〜青梅の自走でスタミナが削がれてたのか、
全く脚に力が入らずヨロヨロと登坂していくのみ。
こりゃツールでいうと今日はバッドデイに当たってしまったなぁ‥。
先週のダディレースが今日じゃなくて良かった。。
今年は全然ロードバイクに乗ってないのもあって、
このロードのポジションでの筋肉が、
明らかにこれまでマウンテンで使ってきている筋肉と違うのもあるな。

山頂付近は急に雲行きが怪しくなり落雷と雨が、、
しかしこの雨は恵みの雨だ!オーバーヒート寸前の身体を冷ましてくれる。
更に雨足が強くなり身の危険を感じたので一旦ストップ、
これでどうにか山頂まで走りきり、松姫ワーストの1時間31分もかけて登坂。
いやあ時間がかかると山頂も果てしなく遠く感じるな。

夏也を待って補給も、皆既に水も無く急いで奥多摩側へ下山して水分補給。
後は鶴峠を上がるだけ。この勾配は俺に合って、使う筋肉がマウンテンで使っている感じとリンクし、
逆にギア1枚余すくらいで登坂していける。
Oyabunはやはりこういったパワークライム区間は苦手なようで鶴は先着。

ここを登りきれば後は上野原までずっと下り基調で巡航、
Oyabunも夏也もディープホイールで気持ち良さそう。
俺もディープを履かせてくれば良かったとちょっと後悔。

上野原まで下ると再び激暑、ここに車で来てつくづく良かった。
もうこの暑さの中を青梅まで走るのなんか考えられなかったな。
調布からを入れこの日は98Kmで終了。

後は高速使って青梅に戻り、夏也を落として俺はOyabunの家へ。
久しぶりにOyabunとの呑みに突入、
カラカラになった身体に最高のビールで楽しいセカンドステージに突入していった。。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

シクロワイヤード

シクロワイヤードに念願のゴールの写真が掲載されてる!
いつかはここに載りたいなと、前々から思っていたから嬉しいぜぃ。
勿論、然も一晴も載ってて最高だよ。

ただノザックジャージを上下で揃えてなくて残念、
先の全日本マスターの時に破いちゃってて、
直してなかったんだよね。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

カヴ、パンク

夕べ、会社帰りにカヴからメール。
ランド坂練しててパンクさせてしまったらしい‥
夜練してるなんて感心感心と思いつつも、まだ電車の中。
替えチューブが無いらしく歩いて帰るとか言ってるから、
それなら俺の家の前で待ってなと。

それから約30分後、22時半にはどうにか帰宅。
ロードバイクとばかり思ってたが、パンクさせてたのはなんとエピック29、
29用のチューブは俺もスペアホイールに使って今黒姫だよ‥
しかし相変わらずクラッシャーぶりだなぁ、
階段で余計なコトしてリム打ちしたみたい。

俺もチューブが無いから、BMCを貸して帰さすことにし、
とりあえず家で冷たいものでもと。
久々に家に誰か居るのは気持ち的にも楽しい。
やっぱりもう1人暮らしは出来ないな、、

少しダベってカヴは帰宅の途に。
エピックは一旦預かって、金曜日に取りにくるって。。
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

ダディレースレポ [レース]

もう俺のレースの事はどうでもよくなっちゃっているが、
レースの楽しかった度でいくと最高だったからレポは書いておこうかな‥。

レース前は全然気負いもなく2周ほど試走してこれでアップ終了って感じ。
UNSくんとY吹さんと談笑しながらレースを待つ。

このレースの楽しみはUNSくんとやりあえればそれでいいやくらいでスタート、
しかし3列目の俺は‥のんびりとスタートしている他のパパライダーに挟まれ思うように前へ出れない‥
しかもその後のちょっとしたドロップでは俺の目の前で落車と、、
みなさん普段は自転車乗ってないんだろうなの、
ほんと普通のパパさんライダーです。
落車でストップを強いられ、それでも混乱状態を抜けどうにか5番手で追走を始める。

うーん先頭のUNSくんとK太一さんはずいぶん先に行っちゃったなぁ。
でも楽しむ為に出走したんだから見える位置にいる限り全力で追う。
2周目、まず前のY吹さんをトラック後の登りでパス、
続けて外人パパをパスと一気に3位に浮上、しかし前の2人はまだまだ先、
ただ少しずつ距離が縮まっているような気がしてきた!
ぐるりと回ってシングルを抜けてきたくらいにはグッと詰まり、
2人が牽制してるのか、単純に今日の俺が速いのかわからないが、
追いつけることを確信して脚をぶんまわして3周目に突入。
トラック後の登りでほぼ後ろに付けパックに合流。
ここまでかなりの脚を使ったが、
まだレースは1周半以上ある、バトルを楽しむには十分だ。
とりあえず裏の高速セクションは付き位置で一旦脚休め、2人の様子を伺う。
UNSくんはかなりの時間牽いていたんでちょっとスピードが落ちてきたか、
その分、K太一さんは脚を溜めてる感じ。
ショートシングルを抜けトラック上の区間でUNSくんに追いついたよ〜と声をかけ前に出る。
追いついたって事は俺のスピードの方が上、
ここから森の中のセクションを全力でプッシュ、突き放しにかかる。
シングルを抜けた時は差が開くがこの後の登り返しから平坦区間でまた3人になってしまい、
ファイナルラップのトラックへ突入。
ここで先頭で牽くのを止め2人を前に行かす。
脚を使ってないK太一さんに牽かせたかったが、
結局UNSくんが先頭で牽いていく、K太一さん徹底して脚を溜めおくようだな。

いよいよロードレースのような駆け引きでゾクゾクしてきた!
もつれてゴールスプリントも有り得るだろうなと思いつつ、
最後のシングルで突き放す戦法かなと最終局面を想定。
しかしレースは水もの、、
トラック裏の高速セクションでは3番手追走、
浮き砂利の下りS字コーナーで勝負に出たUNSくん、
オーバースピードだったのかグリップを失い転倒落車、
2番手のK太一さんも避けきれず絡む、
俺は冷静にラインを変え上手くすり抜け先頭へ、
最大のチャンス到来!!

今日は俺の日だった!

これもレース、俄然もうプッシュし逃げ切りをはかる。
まだ半周以上あるがありったけの脚を使って逃げる逃げる。
しかし最後のシングルでパパライダー達が詰まってる‥
悪い!って思いながらも強引にラインを奪ってシングルを抜ける。
最後の登り返し、すぐ後ろにUNSくんが追いすがるのが見える。
もう根競べ、脚も残ってないからゴールスプリントはしたくなかった。
トラックに入る前の平坦区間で振り切り、トラックに戻った時は勝利を確信。
ゴール前まだ一度もしたことなかったジャージを整え十字を切ってのガッツポーズ、
気分はツールのステージ優勝だよ〜!
最高の気分で家族が待ってくれてたゴールラインを抜けた。

然も一晴も「たったかっこいい〜」って嬉しそうに言ってくれてた。
うたちゃんが、一晴が珍しく興奮してパパの事応援してたよ、とも教えてくれた。

レースを終えてみると、このレースは、、
親だけじゃなく子供だけでもない、
家族で自転車頑張るパパママの日本一を決めるレースなんだなって勝手に思うようになった。
子供たちがあんなに嬉しそうにしてくれるんだもん、
そして子供達も俺の背中を見て、熱い走りで応えてくれた。

全日本マスターのタイトルよりこのダディの勝利方が俺っぽいな。
息子はもう名実にバクシンオーになったけど、
俺は好きだったダイナマイトダディくらいにはなれた気がしたよ。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

一晴の補助輪なしクラスレースレポと表彰式 [息子達のレース]

づついてすぐに一晴のキッズ補助輪ありクラス、
昨年然が年中さんで勝ったレースだが、一晴はまだ年少、、
なかなか勝機を見いだすのは難しいかもだが、
一晴なりに緊張してるみたい。
まあ何よりルイージのリュックサックが懸かっているんだから
本人にしてみればそれは大一番だよな。

前日一緒に試走した感じだと、気合いも乗って一晴なりには走れてるんじゃないかな。
昨年は4位で今年はスタートリスト1番、
然を含む上3人が居ないんだからあわよくばな気持ちもあった。

レース前、最後に一晴のマシンにちょっとだけ魔法をかけた。
もしかしたら一晴にしたら羽が生えたように軽く走れるかも?

コールは1番なんでアスファルトの一番良いところに一晴を誘導し、
俺はスタートの直線で撮影待機。

そしてスタート!いつもの様にスタートはいい、グングン引き離して1コーナーへ、
然がコースサイドで後を追いかけ声援を送っている。
2コーナーもトップで通過、ここから心配してるスタミナ切れをどうにか保たせてくれればいいが‥
しかしそんな心配を吹き飛ばすがごとく、
最後の直線もしっかり脚が回っている。
ぶっちぎりもぶっちぎり、30秒近くの大差をつけ、
一晴も勝利を確信してたのかガッツポーズもしかっかりやってゴール!
駆け寄ってやるとめちゃめちゃ嬉しそうにしてる。
そりゃ一晴にとって初優勝だもんな、
もう俺も嬉しくて堪らない。
兄ちゃんの影に隠れがちだけど、
一晴との同世代じゃやっぱり抜きん出ているよ。

こうして晴れて兄弟で優勝し、俺まで勝っちゃって、、
ほんとビックリのトリプル優勝を達成!
沢山のチームや家族がいたけど、勝率100%のチームなんてないんじゃないかな。
もうこの先無いかもしれない最高の喜びでレースを終えた。
そして表彰式も今年はちゃんとメダル授与もあり、
おまけにチャンピオンTシャツまで貰え、
2人とも寝る時もチャンピオンTシャツ着て寝たくらい嬉しかったみたい。

最後にチャンピオン達だけ集まってメダルとTシャツ着て記念撮影、
うちの子が2人揃って並んでいるのは感無量だったな。。
CA3I02290001.jpg

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

然のキッズ補助輪なしクラスレースレポ [息子達のレース]

日曜日は我が家の1年の総決算!

然のキッズ補助輪なしクラス、戦前は割と楽観視してたが、
ここは全国大会、念のためFUJIとルイガノ22インチの2台体制で会場入り。
試走させた感じどちらでも行けそうなコースで、
然には走りたい方を選べばと言っていたし、
然はギア比が軽いルイガノで走りたがっていた。

レース当日の朝、うたちゃんが出走表を眺めているとどうやら強敵を発見したらしい。
昨年補助輪なしクラスで3位だった子が、今年も補助輪なしクラスにエントリー。
というコトは然と同級生で昨年は年長に混じって表彰台か。
しかも子供の為に岡山から遠路来てる本気も本気のファミリーだろう。
ちょっと他レースのリザルトをみると、
やっぱり西ではその年代の横綱級らしい、、
と驚愕の事実を知ってしまった我が家は、俄然臨戦態勢に。。
しかし俺は何故か然の強力なライバル出現にウキウキしてきた。
いよいよ全国大会らしくなってきたし、然にも強力なライバルが欲しかったからだ。。
反対にうたちゃんはソワソワしだしたが‥

相手に取って不足ない、最後の直線でガチンコのスプリントレースになることを想定し然にFUJIで行くように促した。
バイクもスプリントに備えダート区間のトラクションを少し犠牲にしても空気圧を若干高くセッティング。

毎年そうなんだが、キッズレースは3時近く。。
待ちくたびれながらも緊張しまくっている然、しかしダラけないで良い緊張感を保っているな。

相手の子は強い日差しを避けテントの中で待機、
なんとお兄ちゃんが代わりにバイクを持って召集エリアで待っているではないか。
凄い家族チームワークに敵ながら感心してしまう。

俺は撮影の為に1コーナー手前でスタートを待った。
流石に今回は俺も緊張してるな。
そしてスタートの笛と共に一斉に飛び出してきた。
然はちょっと出負けぎみ、これはFUJIのギア比たがら仕方ない、
隣の子にラインを塞がれたようで一旦下がって進路を変え、
それでも1コーナーへは一番で飛び込んだ。
しかし続いての2コーナー目からはダートになり、インアウトが交錯する時にライバルくんに内を突かれ二番手で登坂区間へ消えていった。

俺は駆け足で登坂出口が見える所に移動、
然が抜き返してくるのを期待しつつも、
バイク的には我慢の登坂になるだろうから離されてなければ勝機はあると思って待った。
しかし最初に現れたのはライバルくん、すぐ続いて然!
よし、俺の読み通りの展開だと思い、2人は下りに突入。
そこで想定外の然の行動に熱くなった!
なんと下りでアタックを試みたようでブレーキ勝負、
直線に入るコーナーのインを取ってラインがクロスした。
立ち上がって前に然、後は長い直線の掛け合いだ!
もう俺も大興奮!!
踏みまくる然、追いすがるライバルくん、
ケイデンスは2人とも同じくらいクランクをブン回してる、
最後はやっぱりFUJIのセッティングが効いてか若干突き放してゴール!

すぐに然の所へ駆け寄って褒めちぎって抱き合った。
本人も本当に厳しかったようで一杯一杯だが嬉しさも全開だ!

後で然に聞いたら、最後の直線は芝と土が1車両分づつしか無いから、
先に直線に入らないと芝を走るコトになるのが嫌で、
下りでアタックして先に締まった土を走りたかったと言ってて、これまたビックリした。
大人の俺が考えている以上にレース展開を読んで仕掛けているそのレースセンスに脱帽だ。

相手のライバルくんはフロントにサスが付いているマウンテンの20インチ、
然はロードバイク的なフラットバーのリジット、
機材的には一長一短はあるが、
幼稚園児が走るこれくらいのコースならスリックタイヤで十分と、
今回は俺の読みもあって機材差の分でアドバンテージを取ったのもあるが、
恐らくライバルくんの走りっぷりを見ても、脚色は然と同じだろう。
そう考えるとやっぱり然のレースセンスを含め家族でもぎ取った勝利で本当に嬉しい。

しかし同じ同級生、この先1年に1度、ずっと戦い続ける良きライバルの出現で、
大変にはなるがそれも嬉しそうにしている然であった。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

然と一晴の結果! [息子達のレース]

然のキッズ補助輪なしクラス、
一晴のキッズ補助輪ありクラス、
なんとなんと、、共に優勝しました〜!

ノザックファミリー、奇跡のトリプル優勝です!!

詳しくはまた後日〜。。
CA3I02180001.jpgCA3I02230001.jpgCA3I022600010001.jpg

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:moblog

ダディレース [レース]

全日本小中学生マウンテンバイク大会のダディレースで勝ちました!
遊びのつもりが結局本気も本気で、
ライバルUNS001くんとシクロの全日本マスターチャンピオンK太一選手と三つ巴のすえ、
どうにか勝てました!
久々に家族にかっこいいトコ見せれたな。
やっぱり白馬は相性いいかも〜。

詳しくはまた後日。。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog