So-net無料ブログ作成
検索選択

クランク長の差を感じた練

夕べは久しぶりに平日練、
マウンテンのシューズが乾いていなかったから
これまた久々にTIMEのワールドスターで。

特にメニューがあるわけでもなく、
ローラーやるよりは気持ち良さそうなんで、国立まで多摩川往復。

久々のワールドスターは当たり前なんだけど、スタンプジャンパーからみると何もかも鬼軽!
すい〜と軽々進んで行く、こりゃ気持ちいい。

始めはロードのポジションに違和感を感じたけど、
復路になる頃は遠いと感じてたブラケットもやっぱりこの位置かなと。。
ただ、クランクの5mm差はかなり感じた。
圧倒的に回しやすい。というよりもサドルが低く感じたくらいだ。
自宅に戻ってサドル高を測定しても全く同じ690mmだったから、明らかにクランクの差だろう。
うむむ、やっぱりスタジャンにも170mmを付けたいな。

多摩川だけ往復して23km。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

はやぶさゲット [家族]

長淵山から戻ってくると、雨がポツポツ‥
ちょうど良いタイミングで走れてたな。

で、子供たちはそんな中でも庭でプール遊びしてるや。。
終いは寒くなったのか風呂に入って終了。

然が大好きなゴールドシップが勝つところを観てから、
一晴念願のイオンへ出かける。
ビデオを何度も爺ちゃんに見せて猛アピールの末、
爺ちゃん笑いながらいいよ〜と。
これで待望のはやぶさをゲットした一晴なのでした。。
CA3I0176.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

夏也のニューマシン

土曜日は出勤日だったんで、会社帰りにそのまま青梅へ。
うたちゃん達は先に行っていたんで、
青梅駅に迎えに来てもらった。
ただ、夏也も爺ちゃんも不在で俺たちだけ。
家の中で凄いテンションで遊ぶ子供たち。
大騒ぎしても怒られないって、いいよね。
マンション住まいじゃこうはしてられないしね。。

日曜日、夏也と長淵山へ。
隆之を誘ってみるも、二日酔いでDNS。
ただこの日は夏也のニューマシンのお披露目。
なので隆之も走りの前は参加。
俺もちょっと前に聞いてビックリしてた。
そのニューマシンは、、
スペシャライズド s-worksスタンプジャンパーHT29!!
そう、結局俺と一緒。
2011年モデルだから年式は俺のひとつ前の白いヤツ。
中古購入だったみたいだけど、状態はかなり綺麗だ。
サイズが俺のよりワンサイズ小さい15.5インチ。
これが羨ましい、スペシャライズドの試乗会の時にも感じてたが、
やっぱり俺たちくらいの長だとこのサイズがしっくり来るな。

山はこの雨の影響が大きく、相当流れた後で赤土むき出しのチュルチュル。
29er初トライの夏也にはちょっと気の毒かな。
せっかくの走破性もスポイルされてる。
装着しているタイヤもレネゲなんで、
空気圧を下げさせてグリップを稼がした。

赤ぼっこはやっぱり登れず、階段下で折り返し。
この後は日の出の秋川霊園まで。
俺はイエティだったため、この下りは最高に面白い。
やっぱりフルサスはフルサスでいいなぁと思うよ。

下ってきて広場で休憩、
夏也はもう少しハンドル上げたいっぽい。
俺にしちゃぁ、折角ヘッドチューブが短くてハンドルを下げれる15.5インチなのにと、
何とももったいない話なのだが、、
まあレーサーの俺とトレイラーな夏也の好みの差だな。

のんびりジープロード上がって、大荷田側走ってダウンヒル。
最後にもう一度長淵山をダウンヒルして終了、22km。

それにしても、29erに乗り慣れた今、
再び26に乗ってみると、このバイクで今までは乗れなかった所も乗れるようになってる。
つまりバイクの中心を捉えて走らすコトができるようになってた。
逆に初29erな夏也はトラクション抜けのミス連発だった。
ポジションが定まっていないのもあるだろうが、
やっぱりこれまでと違う乗り物なんだろうな。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:moblog

UNS001さんへ

いや〜、見てる自分は涙ちょちょぎれもんで、
こんなに頑張る息子に感動してましたよ。

また夏の白馬で親子共々一緒にやりましょう!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

一晴の木島平 [家族]

更に、、俺のレースが終わってすぐ、
今度は一晴のキンダーレース。
今年はトラックの直線部分のみの50mくらいかな。スタミナの無い一晴にはちょうどいいかもしれないな。

青梅の爺ちゃんに勝ったら「はやぶさ」買って〜と、
プラレールをおねだりしてたもんだから、いつになく緊張気味の一晴。
でもこの距離と出足が鋭い一晴なら勝機はあるかもと、
俺たちも期待してみてた。

しかしスタートを待つと、強力なライバル出現、
昨年秋の白馬で一晴が2位になったときに
1位だった女の子がいる‥。
しかも今は補助輪も取れててキャノンデールに乗ってるよ。
補助輪付きの一晴には若干不利だなぁと思いつつ、
ただ昨年のその白馬の時もスタートダッシュは一晴が上だったから、
この距離ならと期待を込めてゴールで待った。

そしてスタート!
いいダッシュを見せたが、若干遅れているかな。。
しかしその女の子、ゲートの所をゴールと勘違いし減速、
一晴もつられたが、俺がまだまだだよ!と呼んでペダルを踏み直させた。
ヤシロさんがゴールはチェッカーフラッグの所と言ってたんで、
最初にここへ飛び込んで来たのは微妙だが一晴かも。。
本人は2位と思ってたっぽいけど、かなり満足気だったよ。
(後からビデオ見直したら微妙な判定だけど1位だったかも)

まあリザルトも何も残らないキンダーレースなんで、
ホントは細かいコトはどうでもいいんだけど、
はやぶさが懸かったレースの結果なんで、
一応爺ちゃんに勝ったよって認めてもらわないとね。
しかし、一晴も思った以上に走るから今年の夏の白馬が楽しみになってきたぞ!


ということで長い時間、我が家のレースは終わったのだが、
2人ともレースが終わったら、
木島平のパークゴルフをやるのが楽しみで仕方なかった。
然なんであんなにエリート観戦が好きなのに、
今回ばかりはパークゴルフ優先してるくらい。
まあ2人とも頑張ったんでご褒美にと、
更に18ホール回ってきたのだった。。
CA3I01730001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

木島平レースレポ [レース]

既に然のレースを追いかけてた俺は、それこそ汗だく‥
もうアップなんかいいやと思い、カヴが走るスポーツクラス観戦。
というかカヴに檄を飛ばす為、随所で声援を送る。
なかなか良い位置で好走しているように見えるぞ。
終盤でもタレてない走りは教えを守ってるなと。。
ただあの前方に居た数名のパックは最後に丸ごと交わせる脚は欲しかったが‥。
戻ってきたカヴは割と満足そうで良かった。
ただ心拍値を聞いたら、やっぱりいま一つ追い込みきれてなかったようだから、
それは今後の課題だな。


で、ようやく俺の番。
ここまでで、もう然の走りで気持ち的には満足気味。
タイヤも然とランで走った感じからFファストラ、Rレネゲで行けると踏んで交換無し。
ほとんどアップもせず、スタートラインに並んだ。
ただ今年は昨年の反省から意図的にアップを控えたのもある。
前年同様に雨から晴れに変わり、
あの下からのうだる熱気で体力が奪われないよう温存した。

スタートも落車を避けるよう意図的に抑えて入り、
有利不利がないこのコースは徐々に上げていく作戦を採る。
それでも最初の登りから何となく踏んでいくと12番手くらいまで来ちゃい、
まあその状態で前の選手を淡々と追走していく。
途中で入れ替わりがあるものの、
目標の轍屋A井さんも交わして、
トラックに出た時には何と8番手で2周目に入る。

ちょっとオーバーペースかなぁと思った最初の登りで、
凄い勢いで「追いついたよ〜」と、、
何と最後方スタートの村サン!?
たった1周で俺のポジションまで来たのにはビックリ。
しかも桁違いのスピードなんで追いかける気力も失い、
その背中を見送るりながら、俺たち中年の星にエールを送った。。

俺は俺のペースでレース、しかしその先の激坂下りの時、
腰を引いた時にレーパンが引っかかり、そこでストップ。
焦って強引にサドルに腰を戻すと‥
ありゃりゃ、破いちまった、、
しかも結構破けてチ○チ○がはみ出しそうでヤバい〜。
誰も突っ込みゃしないと思うが、
割と気にしながら走るハメになったのが唯一のミスか‥。

オフィシャルフィードで水を受け取り、
シングルを抜けた直後のフィードでジェルを確実に補給。
しかしどちらのフィードも、受け取った直後に口元にってくるのが難しい‥
何ともせせこましい位置にあるフィードだ。。

牧草地へ出る時にようやくボトルを口にし、
さらに頭から水を被ってクールダウン。
これが毎年木島平では大事なコトだ。

途中、富士見でバトルしたY語さん等に数名に抜かれ、
11、2番手辺りのパックで周回。
それでも同じように落ちてきてる轍屋のジャージが少し前方に見える。
なかなか距離が詰まらないまま周回を重ねていく。

もう3周回以降は我慢比べ、恐らくみんなこの暑さとの戦いだろう。
俺も常に頭から水を被り、ジェルをしっかり補給。

4周目に入ったトラックでずっと抜きつ抜かれつだったO森さんに先に行かれ、
もう1人にも抜かれて14番手でファイナル突入。

タレ具合はそれでも最小限に抑えてきたんで、
ファイナルは出し切るつもりでギアを掛ける。
後ろには絶対に負けたくない轍屋A井さんの気配がチラチラ、、
既に単独走になっていたが、気を抜いてミスしたらA井さんにやられてしまう。
最後のジープロード登りを出せる命一で脚を回し駆け上がる。
トラックに出た後も緩めること無くゴールをくぐった。

いや〜順位的には不満もあるが、
それでも木島平の最高リザルトなんじゃないかな。
大したミスもなく出し切れたレースだった。

A井さん、O森さんとも健闘を称えて握手。
やっぱり最低でもこのポジションで走ってないと面白くないなと強く思ったよ。

コースサイドから沢山の応援ありがとうございました。
フィードでのカヴ、ありがとう!
家族のサポート、本当にありがとう。


昨日付のランキングがもう出てて、
現在エキスパートランキング29位。
エリート再昇格まで後4つ。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

然の木島平 [息子達のレース]

俺のレースの前、朝一番で然のレース。
しかし、今回は本人が悩みに悩み抜いた決断の上の出走だった。

というのも、未就学児の然にとって未体験ゾーンの本格的マウンテンバイクコース、
それもそのはずで大会本部に問い合わせて、
小学校低学年クラスへエントリーしてた。
流石というかヤシロさんのコースセッティングは生易しいモンじゃなく、
小学校低学年といえどほぼ大人と同じコースを使用した全長3kmの距離。
ただ未就学児のミルキーのレースだと全然物足りない然、
俺たちも厳しいのは承知の上、まあ無料だし試走して難しいようだったら止めようと言ってた。

で前日に試走してみると、おっかなびっくりしながらも、
案外上手に走れているしどうにか行けるかなぁ、、
と思っていた時、登りを頑張り過ぎて転倒!
スピードは全く無いが、その時ハンドルが顔にヒットして鼻血‥
相当痛かったようで大泣きの上、戦意喪失で試走取りやめ。

まあ仕方ないなと、俺もうたちゃんも思っていたが、
俺の試走を済ませ戻ってくると、
まだ泣きっ面だがもう一度走ってみると言い出した。
裏ではうたちゃんの説得がかなり効いたようだ。
でも本人も相当悔しいみたいでこのまま終わるのは嫌だったみたい。

俺の言うコトを聞かせ、バイクをFUJIからレベナへ交換、
シングルギアだけど、どのみち登りは押しになるし、
押しになるなら軽いレベナの方が楽に決まっている。
それにレベナは一応ブロックの太めのタイヤを履かせてあるから、
下りだって乗りやすいはず。

再チャレンジしだすと、やっぱり走り易いし押し易いんだろう、
曇っていた表情が徐々に選手の顔つきに変わってきた。
どうにか試走も終え、スッキリしたようで、
くたびれたと言いながらもう一回行くと言い出した始末。
もちろんここで前日試走は終了、雨も降ってきたんで早々に撤収した。

そしてレース当日の朝、それでもコースへの不安があるんだろう
やっぱり出ないと言い、俺たちも全然止めていいんだよ。と応えてあげる。
がしかし然は自分でそう言いながら、走らない自分が嫌なんだろう、
それはそれで泣いていた。
そして召集時間直前、やっぱり出る!と。
今度は不安で泣いてたけど、立派にスタートラインに向かってった。

それを見送り、俺は然が不安がってた難しい下りセクションで待機。
遠くからスタート直後を見ていたけど、
あのロケットスタートの然ですらこの中に混じると最後尾を追走してたのが見えてた。
恐らくここに来る時も最後尾だろう、と赤いヘルメットが来るのを待つと、
何と1人抜いてきたと言ってやって来た。
更にこの最初の激下りと登り返しで押しながらも、もう1人抜いていった!
トラックに出て次の林の中のシングルはうたちゃんに任せ、
俺はその先の牧草地へ急いで移動、
次のシングルトラックで待機。
でも試走の時から思ってたが、濡れた路面なのに想像以上にシングルが上手にクリアしていく然、
褒めてあげると嬉しそうだ。
シングルトラックを抜けた後の登りの押しも力強い、
見送って次に移動したらもう先に行ってしまってた。

向こう正面の丘の上はさすがに追いかけられないんで、
最後の長い下りに入る上に行くと、もう然はそこを走ってきてた!
然新〜!と声を掛けたら気付いて元気が出たみたいだった。
丸太を越える所で待って、そこらはムービー撮りながら併走の俺。
長い下りも腰を引いて上手に走っていく然、
そこもダッシュで追いかける俺、
トラックに出た後のゴールはうたちゃんに任せて
俺は逞しくなった息子の後ろ姿に感動しながらそれを見送った。
いつも思うが、然には感動させられっぱなしだな。
こんなガッツがある息子を思いっきり褒めてあげたかった。

リザルト的には8位、完走しただけでも大したもんなのに、
小学生2人抑えては立派過ぎだな。
でも時間が経った後、このリザルトじゃ不満な然でした。。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

木島平 結果 [家族]

J2と言えど、J1と変わらない
いつものエキスパートの選手が揃った木島平。
そんな中ではほぼミスなく走りきって14位。

徐々に上がってきたぞ!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

一晴、喉に骨

月曜日の会社からの帰宅途中、うたちゃんから電話‥
あ〜、こういうTELは何かあるな、、
と思いつつ出ると、案の定。
一晴が喉に骨が刺さったらしく、
かなり痛がってるから緊急で三鷹の病院へ行ってくると。

俺も西国分寺で乗り換えて三鷹駅へ向かう。
着いた時にはもう診察も終わってて、
一晴は痛いかったのと泣き疲れて寝ちゃってた。

うたちゃんに骨ってどうやって抜くの?って聞いたら、
鼻から内視鏡みたいな管入れて大体の骨の位置を確認し、
後は普通に口からハサミみたいの突っ込んで取るらしい。
さぞかしそりゃ痛かっただろうな。

しかし一晴、緊急事態発生で病院へ行くのもこれで3回目、
親も慣れてきたのか、今回の喉に骨刺さったなんてマンガみたいで、
もう何だか笑っちゃうよね。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

FUJIとスタジャン計量 [機材]

自転車を車に積み卸しする度に感じる、
俺のは当然軽く、然の自転車が重いなぁと‥。
一体どれくらい違うんだろ?
と量ってみると‥意外な結果。

然のFUJI、8.65kg!
俺のスタジャン、9.4kg

あれ?普通にスタジャンの方が重いんだ。。
見た目のマスの大きさや材質感からの錯覚なんだろうな。

でもFUJIはコツコツと軽量化を図ってて、
FUJIの納車前、クボタくんから聞いてた9.65kgから1kgも軽量化を達成してた。
まあそれでも20インチのちっこい見た目に対して、
かなり重く感じるんだけどね。

スタジャンは前回の計量から150g軽くなったが、ペダルとファストラで150gの重量増はあったはずなんで、
今回はサドルや前後のタイヤをシーラント使ってチューブレス化したのが大きい。
中古購入だからチューブドだったなんて知らなくて、
タイヤ交換の時に外してびっくりだった。

ただもうこの状態から8kg代を目指すのは厳しいな。。
コツコツやっても後-200gいけるか?って所。
イレブンとか入れないと無理か‥
CA3I01690001.jpgCA3I01700001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

日の出の霊園前周回

日曜日、プールの影響でいつもと違うクタクタ感な朝だったけど、
カヴと一緒に長淵山へ木島平想定練。

最初に長淵山の霊園側から入って、日の出の霊園側へ向かう。
途中、UNSのH井くん達とも遭遇、走ってるねぇ!

一気に日の出の霊園まで下り、ここで周回。
霊園前からいつもと逆走して広場まで上がり、
そこからジープロードまで割とフラットな上り、
ジープロードを下って最後に林の中を登ってゴールの設定。

最初カヴの走りを見ながらアドバイス入れつつ周回、
ラップを計りながら走ると俺が7〜8割で4分10秒前後。
カヴは少し苦しそうだが、レース想定だからそのペースで続ける。
しかし3周目からタレ気味、5周目になると激タレ‥。
10周くらいのつもりだったが、一旦ここでストップ。
カヴの走りを見てて大体いけない所が分かった。
登坂勾配に対する進入スピードに合わせたギア選択が下手なのだ。
だから重いギアで踏みすぎ、踏み切れなくて変速‥、
とそのタイミングでトルクが掛かりすぎてチェーンを切ってしまうパターンなんだろう。
そこを意識させながら、29erらしく走らせるギア選択も頭に入れさせもう一回。
さっきのタレ具合を考慮して3ラップ、
するといきなり4分切って戻ってきた!
順調に2ラップ目、しかしファイナルラップの最後、
ジープロード下りで転倒したようだが、
いい感じでどうにか纏めてみせてた。

次に俺がアタック、だいたい自分で3分30秒辺りでのラップを想定してスタート。
1ラップ目、3分23秒
2ラップ目、3分45秒
3ラップ目、3分50秒

広場前の激登りで2・3ラップ目とミスして押しになったのが影響してるけど、
それを抜けばまあ大体狙い通り。
でも心拍MAX175、ave160と低く、まだまだ追い込みが足りない。
俺はこれを10周くらいやらないと余り練習にならなくてダメだな。

周回練習が終わったら長淵山ダウンヒルして予定通り1時に帰宅。
カヴ家も遊びに来てるから庭プールで子供達は遊んでる。
俺達も庭で昼食べてとマッタリ。

その後お互いバイクのセッティングを色々いじってて、
どうせならと、また長淵山へテストライド。
俺はタイヤを前後入れ替えて、Fファストラ、Rレネゲートへ。
カヴはステム入れ替えてポジションを戻した。

やっぱりリアタイヤをレネゲートにするといきなり走りが軽い!
っていうか、トラクションも普通に掛かってコレだよコレって感じ。
ファストラを後ろにしてたらモタッとする割にはトラクション感が低く、どうもシックリ来なかった。
前にファストラを履く分にはハンドリングがちょっとモチッとするくらいで特に影響ないし、
下りのグリップは効くから安心。
スタジャンにはこの組み合わせがいいな。

ちょっとだけ長淵山を再ライドして終了、トータルで28km。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

Oyabunへ

ちょっとこっちからコメントバックします。

Oyabun〉然は「コマツのおじちゃんが好き」と言ってたよ!
凄く楽しかったみたいだよ。
いや〜流石、名調教師!もうカズ選手と同格だな。

もしも話だけど、いろちゃんの希望もお互い実家住まいだったら現実のもんだったねぇ。
でもそんなに遠い訳じゃないんでちょくちょくやりましょう!
近いうちに新築祝い持っておじゃましますよ。



最近、なんだか自分のブログにログイン出来なくなり、
コメントが返せない‥。

投稿は携帯からメールで送信してるんで
特に不便さは感じなかったんだけど、
やっぱりこれじゃ困るな。。
CA3I0141.jpg

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

Oyabun家とサマーランドへ [家族]

土曜日、然の誕生日プレゼントで念願のサマーランドへ一年ぶりに行ってきた。
今回はなかなか折り合わなかったOyabun家とも、
一年越しになったけど一緒に行けたよ。

ひよちゃん、いろちゃんと凄いテンションで、
なんと9時半にから17時半までサマーランドに居た。
それでもまだ遊んでいたいと言ってたのを言い聞かせてやっと。
親達がくたくたですが、こんな楽しんでくれてると、また連れて行ってあげたくなるよ。

名調教師のOyabunのおかげで、然は潜って泳げるようになったし、
一晴なんか頭を水につけれるようになった!
と凄い進化を遂げることができました!
CA3I015800010001.jpgCA3I01440001.jpgCA3I01680001.jpgCA3I01620001.jpgCA3I01610001.jpg

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

エンド確認ローラー

リアエンドの不具合も、とりあえずクイックで固定してしまえば大丈夫そうなんで、
変速確認しながらスタジャンでローラー。

どうせならと、心拍計つけたが終始軽めで120拍のLSDペースで50分。
ドーフィネ観ながらかなり久しぶりにローラーやったな。
しかしフルーム対コンタドールのツール対決が面白そうだ。


リアエンドのピン、同じスタジャンを持ってるTOMOくんに写真を送ってもらい、
現状と見比べてみると、どうやら抜けたんじゃなく、ボルトの頭が折れて無くなってる状態だ‥

うーん、こういう部分の強度が無いのはちょっと考えものだな。
クイックで挟んでいれば大丈夫なのはわかるが、、
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ディレーラーごとポロリ

夕べ、ローラーを少しやろうと思い、
スタジャンのリアホイールを外そうとしたら、
リアディレーラーごとポロリ。
何〜!
よく見るとエンドごと外れてて、
どうやらエンドを留めてるボルトが無くなっちゃってる。
まあレース中にトラブんなくて良かったが、
色々バイクに乗ったがこんなの初めてだなぁ。

しかし木島平のレースに間に合わせないとマズいな、
カヴにガラージュで手配出来るか聞いておこう。。
CA3I0034.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

然、最高の誕生日プレゼント [家族]

6月4日は然の誕生日、
早いなあ、もう6歳になりました。

そして、自分の息子ながら、つくづく「持ってる男」
だとおもう最高の誕生日プレゼントを神様がくれました。。

いつもの多摩川のマウンドで遊んで所、なんと誕生日のこの日、
偶然にも山本和宏選手に出逢えたそうな!

ずっと「多摩川でカズに会えないかなぁ」と願っていた然、
本当にこんなことが起きるんだな。と驚くばかり。

俺はもちろん会社で居合わせてなかったから、
詳しくはうたちゃんから聞いたのだけれど、
この事はカズ選手もブログに書いてくれてました。

http://cproject.net/yamamotokazuhiro/2013/06/post-101.php
CA3I01350001.jpgCA3I01340001.jpg

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

またまた肋骨

レース後、気が付くとなんだか胸が痛い‥
肋をやっちまってるかな。ん〜、最近多いなぁ。

転倒した訳じゃないのにと考えると、
最初のシングル下りの大岩を越えて行くとき、
腰を引いてサドルを抱えながらクリアしていく時に
肋をヒットさせてしまったんだろう。
何となく記憶があるが、アドレナリン出ててレース中は気にならなかったが。。

中1週で木島平、それまでに回復できるといいが‥。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

小野寺健選手の走り!

自分のレースの後は、いつもの様にエリート様達のレース観戦。
もちろん然が観たくて仕方ないのは言うまでもない。
ただ然が夢中になってるから俺もすっかりエリート観戦好きになっている。。

今回はスペシャの小野寺健選手の一発に期待、
連勝を続ける王者、斉藤亮選手に一矢報いる雰囲気がプンプン漂っている。
スタートした後、駐車場前のシングル上りで然と観ていると、
健ちゃん3番手で来た!
しかし大声援を送ってた俺達の目の前で、なんとチェーン切れ!
開始まだ1kmくらいの場所、
あちゃー、もうレースを降りちゃうのかな‥と、背中を見送ってると、気を取り直したのか、
もう一度バイクとチェーンを抱えて走り出した!

俺達もゲレンデ区間に移って観戦し直し、
すると押したり乗って下ったりとランしてレースを諦めてない。
もうここからは今まで以上の大声援で健ちゃんコール!

バイクを直した2周目以降の鬼神の走り、
ドンケツもドンケツからの怒涛の追い上げ。
然とジープロード直登で観てたら、
他の選手とのあまりの速さの違いにビックリ、
下りもキレキレで最高にカッコいい走りっぷり!
カズに続いてかなり健ちゃんの株が然の中で高沸してるよ。

最後まで見届け、ゴール前で待っていたら、
小野寺選手、晴れ晴れとした良い顔して、
なんと俺達の方に来てくれてハイタッチを交わしてからゴールしてくれた!
ん〜、俺達の応援が届いていたんだなと感激してしまった。

小野寺選手、
元々ケレンミない逃げが心情で、後先考えてないような気持ちいい走りが印象的だった。
馬で言うとだと古くはメジロパーマーみたいにハマった時の強さと弱さが同居している所がどことなく好きでいた。

昨年の然が優勝したの白馬の補助輪レースで
小野寺選手が先頭してくれたのがきっかけで
俺が応援するようになってきてたが、
レースを捨てないプロらしい姿と今回の走りで、
明らかに俺がすっかりファンになっちまったな。。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

富士見レースレポ [レース]

前日の試走具合からリアタイヤをファストトラックへ変更、
本当は前後ともファストラにしたかったが、
一本しか持ち合わせがなく、
スペシャのブースでもスマホを持ってないから、
思うように出来ず手に入れられなかった。

もういつもの感じにしてきた軽めのアップで、
ローラーを15分ほどクルクル回しながら、
スポーツで出走してるカヴの応援。

割と行けそうな感じを感じつつ4列目でスタートを待つ。
号砲で飛び出すも、4列目だと前が詰まる、
狭くなりだした所で前車のリアタイヤに絡んで
大きくバランスを崩し落車か!?と思ったが、コースアウトしながら何とか踏みとどまった。
しかし完全ストップしてからの再スタート、
大きく出遅れてしまい60番手辺りかな??
でも気を取り直して、シングルの下りに入るまで全開で抜いていく。
下の駐車場に出る前には42番手まで回復、
シングルの上りも周りのペースとラインを無視して構わず追い抜く。
かなり脚を使ってしまったが、4周回と短いんで躊躇っている場合でもない。
シングルの下りでは細かいミスもあるが、順調にクリア。
ジープロード直登はかなりキツい、が皆同じ。
ファストラに変えたのもあって、上り下り共しっかりグリップ。
交換して正確だ。

1周目が終わった時は20番台半ばまで取り戻したんじゃないかな。
後は同じ様なペースのパックになったんで、ジワジワと詰めていく。

九十九折りのゲレンデ上りの上部でシングルから抜け出してくるのは
目標にしてる轍屋のA井さんの姿、
そんなに遠い位置ではないけど、
2・3周目、ファイナルと全く同じ場所で同じ位置ですれ違う。
うーん、最初にあそこに飛び込んじぁえば、
いいバトルが出来たんだなぁと、ちょっと残念。

2周目から早くも脚が痙攣し出す、
ごまかしながらもパック内で勝負、
森のシングルは俺が速く、ジープロード直登で交わされるパターン。
それでも周回毎に一つ一つ順位を上げてって、
最終的に22位でフィニッシュ。

もうちょっとやれた思いもあるが、
追い上げて出し切れたのもあるんで現状は良しだろう。

コースサイドからのたくさんの応援、
フィールドをやってくれたカヴ、
ありがとうございました。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

春の富士見結果 [レース]

渋滞を切り抜け只今帰宅、、
いや〜疲れました。

エキパ22位、
スタートでほぼ落車からの挽回でこの結果なら、
まあ出し切れたかな。。

色々応援ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog