So-net無料ブログ作成
検索選択

MAVICのシューズ調整

夕べはシューズの微調整。
踏み面に対して膝のカントを調整するため、
ソールとインソールの間に挟むBIKE FITのウェッジを抜いたり挟んだり。

左足は大分OKになったが、
どうも右足が決まらない。
インソールをシダスで成形してあるものから
標準のものに戻してみたりと色々試す。

ウェッジを4枚も挟んだ事で、土踏まずの位置が微妙にズレてきてて、
修正するためにシダスのインソールの先をハサミで2mmほどカット。
全体を前に押し込んでみた。
これで大分しっくりきたかな。

ただこの梅雨入り、、
レース当日雨だと、スパイクが付いてる
元のSIDIを使うようだなぁ。。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

実家の庭で [家族]

俺がトレールライドしてる間はプール遊び!
青梅の爺ちゃん家じゃなきゃ、
こんなデカいプールやれないよな。。

ゴールデンウィークに植えたトマトも緑の実を付けだしたよ。
CA3I012100010001.jpgCA3I01250001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

カヴのトラブルトレールライド

日曜日、カヴとトレイルへ。
この日は少しロングと思い、長淵山〜日の出山。
この路面コンディションがいいうちに日の出山に行っておきたかった。

9時に青梅集合で、長淵山を天祖神社側から入る。
今はこっちのテクニカルセクションも上れるなぁ。
一旦霊園に出て短い急坂、
後ろで「カンカン、カシャンッ‥」っと嫌な音が、
カヴ、またもチェーンを切ってしまった。
幸いにも前回の教訓が活きてチェーンカッターとミッシングリンクを携帯してた。
いきなり立ち往生のストップだったけど、どうにか補修して再出発。

どうせなら赤ぼっこ登坂、カヴもついに激坂登坂成功!
エピック効果もあるが、少しづつ確実に乗れるようになってきてるぞ。

赤ぼっこから日の出の神社側へダウンルしてロードで梅の木峠へ。
暫くはカヴに併せてのんびり走行、
つるつる温泉前でロードの方が俺をパス、
俺もスイッチ入れてカウンターアタック!
そこからは本気でヒルクライム。
いや〜このスタジャン、
わかってはいるけどヒルクライムもロードバイクの様に登る!
普通にアウターのみでOKだ。
いつか乗鞍はこいつでマウンテンのクラスで出てみよう。。

久しぶりの梅の木〜日の出山ルート、
10数年前からみると土が流れ根っこだらけになってしまったけど、
逆に29erを手に入れた今、そこを走破したい気持ちで楽しみだった。
やっぱり驚くほどグイグイ上っていくから
区間区間の最後は脚が無くなってしまうほど走破していく。
特に山頂に行く階段手前の根っこだらけ区間は面白すぎ!
そして尾根に出るまでの激坂登坂も登っちゃう。

尾根で休憩ののち、金毘羅ルートでダウンヒル。
が俺のレネゲート、全然グリップしなくて前後でドリフト状態、怖すぎる‥
朽木でもそうだったけど、ジープロードの浮き砂利は全く駄目だな。
ハイカーの方々も多いから危なすぎて慎重に下りていく。
つるつる温泉方面と金毘羅方面へ別れれば、
人気も無くなりやっと快適ダウンヒル開始!
とその直後にカヴがついてこない。
戻ってみると、本日2度目のトラブル。
どうやら前転くれてフロントタイヤを外しちゃってた。
シーラントで留めてたんでチューブ無し‥
CO2ボンベでタイヤが上がるか試みるもエア量が足りなくて駄目。
通りがかりのばいかーに空気入れを借りてみるものの、
携帯用ではビードは上がらず万事休す。
仕方ないんで、俺は虎の穴を下って実家に車を取りにもどり、
カヴはそのルートをチャリ引きずりながら下山させた。

1時間後にカヴを回収して帰宅。
ダウンヒルの美味しい所は味わえなかったが、
まあそれでも上り区間はトレーニングになったんで良しとしようか、
俺はそこそこ走って38km。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

長淵山区間計測

土曜日、15時近くに青梅に到着、
夏也も仕事から帰ってきてたんで少しだけ長淵山へ向かった。

来週あたりから梅雨予報がきこえてきてるから、
ドライの路面で上るれるシーズンは今週が最後かもね。
なんて話しながら走り出す。
それにしてもグイグイ登る登る!

途中途中、夏也をまちながら赤ぼっこ山までの区間タイムを計測してみた。
長淵山入口から200mくらい入った所にある、
水路の上に被さった銀色の金網がスタートで
二つ塚ピークまでのひたすら上りを第1区間。記録9分56秒
ピークから駒木へ降りる道と赤ぼっこ方面へ別れる分岐までの上り下りのを第2区間。記録1分58秒
駒木分岐から赤ぼっこ山頂と日の出神社側に別れる分岐までの上りを第3区間。記録2分56秒
そこから赤ぼっこ山頂までの激上りを第4区間。記録1分46秒
と、全体をまとめるとだいたい16分36秒。
ただこれは夏也を待ってたから息が落ち着いた後再スタートしてるから、
一気ににTTした前回の17分14秒っていうのはかなりいいタイムだろう。
このラップは今後のTTでの目安になるな。

赤ぼっこから下って畑中へ。
しかしこの畑中区間、夏也は26でもグイグイ上ってくるから驚く。
鉄塔下の木の根も走破してくるのには驚くよ。

今とにかく夏也に29erを奨めてる。
夏也が乗ればもうワンステージ高い時限の走りが出来るのは間違いないからだ。

日も長くなったから安心して夕方でも山の中へ入っていけるから、
今の長淵山は本当にいい、16時半近くに戻って14km。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

一晴のサイクリングロード記録更新 [家族]

土曜日、朝一番で然と病院。
咳が酷くて熱も37℃とちょい微熱、一晴の風邪をもらったようだ。

なので然のチャリはお休み、
代わりに一晴と2人でサイクリングロードへ。
爺ちゃん家に行ってみようか?と、
頑張ったら爺ちゃん家でビニールプール買って遊ぼー!
と、そそのかし一晴のテンションを上げて出発。

然と違ってすぐへこたれちゃう一晴、
いいところビニールプールが買える西府中のコーナンまで行ければと思い、
速い速いと褒めまくってチャリを進ませる。
すると、今までの最高到達点だった交通公園前は軽く通過。
まだ頑張れるか?と聞くと、頑張る!と良い返事。
アベレージスピードもかなりなもんで、ちょっとびっくり。
幼稚園に入って体力も付いてきたんだろうな。
泣き言も無くズンズン進んで、
4歳時の然の最高到達点を越える京王線の陸橋も越え、
割とあっさりとワイの隣のセブンイレブンに到着。
なんと所要時間50分で着いちゃって、
うたちゃんと然の回収車の到着待ちになっちゃった。
まあセブンで休憩が出来てちょうどいい。

一晴だってやれば出来るんだよね。
これまでお兄ちゃんに負けるのが嫌でグズグズしてたんだろう、
多分、然と一緒に走らない方がこの子は伸びるかもなぁ。。

この後は無理せず、予定通りここで回収、一晴9kmと記録更新。
コーナンで念願のビニールプール買って爺ちゃん家へ向かった。
CA3I01200001.jpgCA3I0118.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

TOJ飯田ステージの結果!?

昨日は帰宅してからランド坂へ、
ポジションをいじりながら周回練。
夕べは途中途中微妙な調整を繰り返す。
サドルを2mmくらいづつ上げ、サドル角はテール側を気持ち下げ、、と
お尻がしっくりくる位置を探す。
最後に右足のシューズ、クリートとの間のスペーサー1枚とカント調整してたワッシャーを抜く。
これで大分右足の踏み面が落ち着いた感じ。
7周回して終了、20km。

昨日のツアーオブジャパン飯田ステージ、
カズ選手のブログで状況をチェックすると‥
ショックを受ける結果が!?
なんとタイムアウトでDNFリタイアとは。
週末、然とカズを応援に修善寺に行く予定だったんだが、
行く用が無くなってしまった。
然も残念がるだろうなぁ。

しかしカズほどの選手でも、海外チームが参加してるとはいえ、
ロードレースの緩急のペースに対応出来ないとは、、
今ジロを走ってるレースのレベルって想像を絶するな‥。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

ご近所トレールのち野川公園

日曜日、ご近所トレールでカヴと朝練。
ポジション変更した感じをトレールで試してみる。

入りからいきなりZ坂を上がってみるが、特に問題なくクリア。
そういえばここをスタジャンで上がるのは初めてだ。
29erだといとも簡単に上っちゃうなぁ。
カヴとここで合流して周回に入る、
途中途中トラクションの掛かりを確認しながら走ってみるが、
いい感じでクランクが回っている。

一旦休憩した時にカヴのポジションも変更させ、テストさせてみた。
するとカヴも俄然クライミングスピードが上がってきた!
このポジション、カヴもハムストにかなり負担がくると言ってたんで、
今まで使わなかった筋肉を使ってパワーを増大させてるイメージかな。
乗りやすい辛いは慣れとトレーニング次第な気もするんで、
暫くこのポジションを維持出来るようにしよう。
2時間弱走って17km、9時半には解散。

早めの帰宅でお昼からチョイ久しぶりで野川公園へ。
然はいきなり大回りコースへ、
俺も一度ついて行っただけで、
あと勝手に周回させてても平気なようになったから、親は楽ちん。
その間は一晴とブーブーで坂下りしたりと、
動けないうたちゃんの代わりも出来る。
風が強かったけど、何だかんだ夕方まで遊んで帰宅。。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

高津のパークゴルフ [家族]

土曜日は朝からバタバタとしてたけど、
この日は一晴のお誕生日!
一晴が希望してたLEGOランドへ行くと思って、
告別式から急いで戻ってきたら、
どうやら行きたい所が変わってて、パークゴルフがやりたいと。。
なら天気もいいし、高津にある多摩川沿いのパークゴルフへ初めて行ってみた。

昔、目黒に住んでいた頃はここの多摩サイを使って青梅まで行ってたから、
よく目にしてた記憶はあったけど、
行ってみると侮れない良さがあって、大人も十分楽しい。
子供達はバンカーまであってちょっと本格的な感じに興奮気味。
カップの位置も実に微妙な位置で切られてて、難しいぞ。
それでも好きなだけあって、一晴も上手くラウンドしてくる。
係のおじさんも驚いてたよ。。

夜にはうたちゃんお手製ケーキでパーティー、
大喜びな一晴でした〜。
CA3I0113.jpgCA3I01110001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

スタジャンのポジションテスト

夕べ、帰宅してからランド坂練。
ホントは今朝カヴと朝練の予定だったんだが、
急遽告別式行くんで練習はキャンセル。
なので、ちょっとやっておこうとランド坂へ。

今週夜な夜なスタジャンのポジションを色々変更したんでテスト。
まずスタジャンのハンドルを左右18mmづつカット、
更に久しぶりにバーエンド装着。
サドルも元々付いていたスペシャのフェノムTiから、
慣れたボントレガーのインフォームRXLへ変更。
このインフォームは既に4個目の購入、
もう廃盤らしいからもう一つ位スペアで持っておきたいな。。
サドルが薄くなったからポストを5mmほど出す。
そしてシューズも変更、マビックのFURYへ。
クリートの位置もBIKEFITのフィッティングに合わせてローラーで確認してた。

で、いざランド坂で実走して確認。
始めのうちはバーエンドは要らないかもなぁと思ったが、
バーの先端を握って前乗の突っ込んだ感じでペダリングしていくと、
いい感じにクランクが回ってくる。
こうなるなら思い切って前乗り前提でポストを更に10mm上げ、サドルを一杯まで前へ。
いわゆるヤマメ乗りってやつだが、
今までやった事無いポジションだが、不思議とクランクが自然に回ってくる。
クライミングしてる速度も17km/hまで上昇、
長いと思っていた175mmのクランクも速度が乗っていい感じだ。
ただ恐ろしくハムストリングスを使わされるな。

なんだかんだと6本上がって帰宅、18km。
このポジション、トレールでのトラクションがどうかなんで、また青梅でテストだな。
CA3I0109.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

然の春の下総クリテ [息子達のレース]

アンダー6のクラスで優勝!
今回は距離も900mと長く最後は上りゴール。
スタートは20インチのFUJIにしたからか、
いつものようなロケットスタートは決められず、
どうなるかと思ったけど、最後はぶっちぎってきました!
大人と同じコースレイアウトも走って楽しかったみたい。

会場で知り合ったアツシングのDOKYUチームメイトのBeeさん、
息子さんもアンダー9で優勝、素晴らしい。
アンダー12で優勝した子と揃ってチャンピオンジャージ着てパチリ!

然はこのチャンピオンジャージが本当に嬉しかったようで、
晩ご飯までずっと着てたうえ、
ご飯時に汚したゃうから脱ぐと‥
今まで無かった行為に俺とうたちゃんビックリ。
まあ前回の緑山の表彰が最悪だったから、
今回の表彰は豪華賞品と合わせて尚更際立ちます!

レース直後に表彰式やってくれたりと、レースの運営も素晴らしく、
また秋の大会に参加させたいと思わせるレースでした。
CA3I0105.jpgCA3I010600010002.jpg

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog

長淵山のち丘の湯

土曜日、カヴと長淵山。お昼から雨予報なんで早め集合。
更に青梅までマウンテンで移動して少し距離を乗るようにしてみる。

多摩サイ途中途中、ポジションやら変速具合を確認しなから来たら、
やっぱりトップ側チェーンが落ちる‥
調整するもいま一つ、どっかでショップに持って行くようだな。

そんなこんなで9時の集合に少し遅れてしまい、
雨も今にも降ってきそうなんですぐに山の中へ。

俺は少し負荷を掛ける為、赤ぼっこTT。
カヴを途中で待つ時に計測ストップしたが、
ほぼ一気に登って17分14秒。
大幅にタイム更新したが、心拍マックスはまだ172程度だったからまだまだ追い込めるだろう。

かなり遅れてカヴが来た、やはり途中道を間違えてしまったみたい。
雨足も強くなってきたから赤ぼっこ登坂練習に切り替え。
ここは木が傘をしてくれ、まだ路面も身体も濡れない。
カヴに登坂レクチャー、バイクは良くなったが、まだまだ重心位置が真ん中に乗れてない。
何本か挑戦させたが、集中力も切れてきたから赤ぼっこは終了して下る。
日の出神社側へ下ってピストンで上り返してきたが、
路面も濡れてきたんで長淵山ダウンヒルして終了、調布から44km。

カヴはご家族が迎えに来てくれて、この後はサマーランドらしい。
俺は爺ちゃんと、翌日然のレース観戦するんで一緒に調布へ。

夜はよみうりランドの丘の湯で楽しんだ。
前回と違って空いてたから余計良さが出てきたな。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

久しぶりのランド坂

昨日から仕事、でもまだ悔しさもあって走りたいんで、
帰宅してからスタジャンで練習に出た。
距離が走れる訳じゃないんで、ランド坂へ向かう。
じっくり変速具合を確認してると、やっぱりトップ側2枚でチェーンがウロウロ‥
これじゃインナートップに入れたとき、
トルクが掛かったら外に落ちちゃうよな。
自分の調整ミスだなぁ。

ランド坂で登坂時の乗車ポジションを確認しながら走ってみる。
あれこれと乗車姿勢を試してみて、
グリップの位置を内側へ15mmづつ移動、外外で650mmくらいがしっくり。
あとやっぱりバーエンドも再び導入したいかも。
バーエンドを付ける前提でエンドカットだな。
登坂だけしてるとハンドル位置をあと少し下げたいがもうステム的にも限界、、
やはり29erだとベストの位置は出しにくい。
ヘッドチューブが短くなる15.5インチがベストなんだろうな。

そんなこんなでランド坂周回を2、3周ほどしてたら、警察が来て車両通行止め?してきた。
今こここんななの?オートバイ対策かな?
と思いつつ、歩道を使って登坂練習。
止められる事も無かったが、
警察が居る中あまり気持ちいいもんでもないので、4周ほどして帰宅、15km。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

GW+1日の最終日

7日は有給を取ってて休み。
なので朽木からの帰りも、TOMOくん家と温泉入ってきたりと、
子供達も楽しんでゆっくりと帰路に向かった。

キャンプ泊だったんで道具を青梅に降ろしていくのもあって、
中央道回りで3時前に青梅に到着し、そのまま青梅泊。
子供達は普通に朝起きたんで7時には起床、
あまり寝れなかったなぁ。
ただせっかく青梅に居るのと、レースの悔しさから長淵山へ練習へ。
レース後の身体なんで全く動かないが、
それでも強めに踏んでいく。
ただテクニカルなセクションの登りは尽く失敗してた、
赤ぼっこ登坂だけは集中してクリア。
山頂は晴れて見渡せるが風が強過ぎですぐ下山。
次に畑中鉄塔へ向かうも失敗の連続‥
難しいとこは何度かやり直し、できるだけクリアしていく。
最後までキレの無い走りだったが楽しかった。
八代さんのコースを走って改めて感じる、長淵山はやっぱりJのコースの要素が全て詰まっているなと。
お昼に戻って終了、14km。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

朽木レースレポ [レース]

レース当日はエキパ12時スタートと遅いうえ、
前日からのキャンプ泊でかなりのんびりと準備。
朝の試走もしてもう一度コース確認、ヤバいとこもまあどうにかなるだろう。

最近のスタイルのアップもほどほど、で召集に備える。
エキパは5周回の長丁場、ほどほどがちょうどいいだろう。
定刻通りにレースがスタート、ほどほどなコトもあって、
直後はスタート順位より下げて30番台半ばから。 まあ焦らずジリジリと追い上げていく作戦通り。

1周目は前が詰まりながらも20番台前半まで回復、
2周目は脚が回りだしいよいよ追撃態勢に、
12〜17番手のパックに入りここで暫く様子を窺う。
長い登坂のこのコース、俺の仕掛け所は山頂付近のシングルに入る直前のフラット区間、
パックの先頭に出てシングルを抜けていく。
しかしつづら折りの登りで抜かれと、
轍屋のA井さん、キャノンのU川さん達とバトル。

3周目も同じような展開だがそろそろ周りもすたみが切れてくる頃、
俺もギリギリの配分で走っているが、脚は回っている。
なのでつづら折りから山頂からの下り出しまでの区間で一気に行く。
下りを丁寧に攻めて、ホームストレート、
12番手まで上がって4周目突入!
と、その時ガチャガチャっとチェーンジャムっ‥
リヤがスプロケ外側に落ちホームストレート上でストップしてしまった。
チェーンを引っ張っても抜ける気配は無く、
焦りながらもホイールを一旦外し元に戻す。
この間10人位に抜かれただろうか?
さあこれからって時に‥、
冷静に冷静にと唱えながら遙か前方に行ってしまったパックを追いかける。
今日の自分だったらまだ追いつけるはず、と
残しておいた脚を使いだし追走。

フィードに戻って補給、が、またしてもミス、
ジェルの口が切られてなく補給出来ず。
このコースで補給ミスは痛い、、

諦めずに追いかけていたら、ようやく目の前まで追いついた。
がここまでかなり脚を使ってしまったため、
U川さんが目の前でも交わせない。
それどころかハンガーノックの兆候が…

ファイナルラップに突入するも、かなり厳しい状況。
どうにかフィードまで戻ってきてジェルは補給するも、
さっきのミスが響いてて、ジェルを取った代わりに水が取れず、
今度はボトルの水が無い‥。
おまけにジェル食った後のベタベタが流し込めず余計に喉が乾く最悪のパターン。
ここで気持ちも脚も切れてしまい、後はヘロヘロとなんとか登り、
集中力も切れているんでダウンヒルは危ないセクションは降りて押して消化。
ケガしないように下ってきて、結局27位でゴール。
なんとも無念でまた噛み合わないレースをしてしまった。

ん〜、今冷静に振り返ると色々問題点も見えてくるんで、
次に繋がるよう練習と準備をしていこう。。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

朽木結果‥ [レース]

27位、最悪のパターンでこの結果。
悔しすぎでモヤモヤしてます。
次の富士見では取り返さないとな。。

色々なところからの応援ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:moblog

朽木準備 [家族]

ゴールデンウィークも後半に入って、週末はいよいよ朽木への遠征。
今年もキャンプ泊の予定の為、その準備で用品を購入しに府中四谷のコーナンへ。
しかし、いくらツーリングボディになったとは言えキャンプ用品を積み込むともう既に一杯一杯。
クーラーバッグの行き場を考えるとソフトバッグタイプにするか、
ハードタイプにするかで悩み、結局買えず終い。。
途中であるアイディアが浮かんだんで、もう一度家で再検討して明日買おうっと、、

戻ってきて夕方、いつものように多摩川で子供たちとチャリ。
ちょっとビデオが撮れなかったんだけど、一晴も土手ダウンヒルに挑戦、
補助輪付きなのに見事成功!
本人、ちょっと怖かったって言ってたけど楽しそうだったな。
然はもちろん土手ダウンヒルは既に得意げにやってました。。
nice!(0)  コメント(0) 

トマトの苗植えと送る会 [家族]

朝練の後はバーベキューの片付けしながらのんびりと。

幼稚園で貰ってきたトマトの苗を植えるんだ、と
爺ちゃんと楽しそうに畑を耕す子供達。
そんなコト出来る青梅はしみじみ良いなと思うよ。

夕方、従兄弟のゆきぼの旦那さん、栗ちゃんのアメリカ行きの送る会に招待されて参加。
ショウゴ家の子供達も来てて、ノザキの方の然達のハトコが全員集合で子供達は大はしゃぎ。
家族でゆきぼもアメリカへ行っちゃうんで、
こう集まれるのも数年は無いから次に会う時はゆきぼの子たちもデカくなってるんだろうな。。
頑張れよ!
CA3I00850001.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

3日目 赤ぼっこTT

月曜日、青梅泊だったんで朝食後に朝練で長淵山へ。

長淵山を参考までにと思いTTしてみる、
8丁目から入り最初のロックセクション手前からタイム計測して、
赤ぼっこ山頂まで一気に登坂してみる。
前日カヴと走ったみたいには上げすぎず、
あくまで山頂まで息が保つように走る。
難所は丁寧にかつ繋ぎのセクションは踏んでタイムを縮める。
しかし、最終ステージの赤ぼっこ登坂を迎えると、
流石に脚も息もいっぱい‥
1回目は根の段付きで失敗、再スタートがうまく切れず一旦階段下まで戻ってリトライ。
次は上手く登坂して成功、赤ぼっこ山頂までのタイム、21分58秒。
失敗しなければ20分切りは可能だろう。

すぐに日の出神社側へダウンヒル、ピストンで上り返して、
この区間でこれまでなかなか成功しなかった激坂登坂も2度目には成功、
久しぶりに登りきった。
そのまま長淵山ダウンヒルしてこの日は終了、
朝1時間ちょっとで密度高い練習が出来たな。

それにしてもここまで登れるようになると、
下るよりも登りが楽しい。
自分の基本的なテクニックも磨けたんだろうし、
ドライの路面コンディションも大きい。
プラスして29erの走破性が加わったんだから楽しくて仕方ない。
梅雨まであと少ししかないけど、
ドライで楽しめる期間を堪能しよう。。
CA3I00830003.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog