So-net無料ブログ作成

メリダミヤタカップ [レース]

土曜日、朝4時出発で東伊豆で行われるメリダミヤタカップへ。

前日から黒姫のじいちゃん、
当日の朝には青梅のじいちゃんと
2人のじいちゃんが然の応援に駆けつけた。

その前に僕のスポーツのレース、
我が家ではこの日、僕はオマケのようだが、
今季最終戦、走るならやっぱり勝ちを意識して臨む。

しかしスタート1時間前に会場到着、バタバタと準備してアップもままならなくレース。
スタートは後方からってのもあり、後手に回って失敗‥
先頭集団のパックに入れず、次のパックの中で競り合う形で周回。
オーバー40クラス4番手と聞き、どうしても前を追うようなんでほぼ1人牽き、、
結局昨年と同じパターンで最後の直線、
アンダー40の人達とも一斉にスプリント、
やっぱり牽いてた僕には分が悪く一気にやられた。
しかも行き場なく一旦ブレーキ、、
諦めずに再加速して抜き返すもあと5メートルで失速、
再び差し返されクラス5着でフィニッシュ。

いや~今季の最高心拍は記録しただろう、
苦しすぎのゴール、悔しいけど出し切った。


僕のレースが終わるとすぐ小学生とキッズレースの召集。
ただ然の補助輪ありクラスは一番最後、
召集からレースまで1時間以上待たされたのにはちょっと‥。

待ってる間、ずっと緊張していた然、
でも集中できてたようで今回もまずまずのスタートで3番手。
チビっ子達には芝は重いようで、
最初に12インチ車を乗ってる子がクルクルと
勢いよく飛び出していくも暫くすると失速、
代わって然がスピードに乗り出した然がトップに。
多少の凸凹なら16インチ車の然には有利でグイグイと独走。
じいちゃん達が観戦している手前をで折り返し、
しかしやっぱりここで転倒、じいちゃん達の応援の声が一段と高くなる。もうめげたりしない然、バイクをすぐ起こし再スタート。
独走のままだがやっぱり芝の重さが応えてきたのかスピードが鈍り、少し泣きが入りだした。
後ろとの差も転倒もあってちょっと縮まってきた。
僕も必死に然に声を掛け励まし、本人もトップを走っている自覚はあって堪える。
最後の20メートルくらいでMCも然コール、
ようやく念願の1着!最後は片手上げて堂々のゴール!
然も最高の笑顔だ。

いや~、ハラハラしながら追いかけてたが僕も大興奮だった。

後ろから見てて、パワー型の然にはこの芝コースも合ってたかな、
補助輪なんかあったら抵抗が増えて余計に漕ぐのが大変だろうに。。


そして念願の表彰式、しかも表彰台の一番高い所に堂々と乗ってきた。

もらったトロフィーが本当に嬉しかったようで、
賞品の金メダルならぬキンメダイの姿煮と一緒にこの後もずっと抱えてた。


レースの後は上のアニマルキングダムで遊んで、
稲取で宿をとって然の祝勝会。
二人のじいちゃん達にとっても最高のプレゼントだったろうな、
嬉しそうに孫バカしてたよ。。
然も最高の気分なんだろう、カラオケマイク持って、
ツェッペリンのロックンロールをアカペラで歌いまくり、
今度ひよちゃんパパに伴奏してもらいなと言っておいたよ。

然、本当に最高で楽しい1日だったね。。

nice!(0)  コメント(1) 

初勝利! [家族]

然、ついに勝った!
しかも表彰式のあるレースで念願の初勝利。
今日はなんと2人のじいちゃんも応援にきたし、最高に嬉しそうだ。

僕もうたちゃんも感動~。
CA340020-0001.JPG

nice!(0)  コメント(4) 

練習できず

今週はずっと残業続きで帰宅が激遅だった‥。
クタクタになって帰宅、結局まったくチャリに乗れずじまいで週末に。

明日、今年最後のレース東伊豆メリダカップに参戦、
龍勢に出れなかったんで急遽申し込んだんだが、
まあ然と一緒に楽しんでこよう。。
nice!(0)  コメント(0) 

BIKE FITとRETULでポジション出し [機材]

土曜日、予定してたうたちゃん達のママ友サイクリングは雨の為中止。
代わりに子供たちはママたちと再びファンタジーキッズ海老名へ、
僕はパパ友のマキトさんに、バイクのフィッティングを施してもらうことになった。

それはBIKE FITというフィッティング理論で、
僕の正確なロードポジションを導き出していく。しかも新たに導入されたRETULという視覚的にペダリング具合がわかる機材(PC、カメラ、センサー、プロジェクター等々)を使用、
さながらどこかのバイクラボのように我が家が変身。。

このRETUL、まだ日本にはこの1セットしかなく、
マキトさんしか資格も機材も持っていないというシロモノ‥
これチームスカイやあのランスアームストロングも導入していたらしい。
(詳しくはwebシクロワイヤードに載ってます)

まずバイク計測から、今回は595でフレームの前三角とヘッドの上碗下碗、ホイールベース、車輪、ブラケット形状、サドル形状と
ペン先のようなセンサーでバイクをなぞっていくと
このデータをPC側で3D化してインプットされた。
次に僕自身の身体チェック、ちょっと右脚の方が短いらしい。
この後に肩からつま先まで稼動部分にセンサーを取り付けペダリング。
すると、体の動きが全て数値化されアウトプットされた。
この今までで自分がよしとしていたポジションから、
BIKE FIT理論、RETUL理論で効率良いとするポジションへ導いていく作業に入る。

最初に劇的に変化したのがサドル位置、
595ではこれ以上後退出来ないほど2cm以上下げ、データを取ってほぼ適正に。
サドル高を少し上げてもいいかもと言われたのには驚いたが(下げる方と思ってた)、まだこのままでいくことに。
最後にステムも110mmから90mmにして全体を20mmオフセットした感じか。
次が膝の動きを修正していく。
前からみるとトップチューブに対して膝が内側に入ってる。
理想はやはりトップチューブに対してブレ無く平行、
ペダルを真っ直ぐ垂直に降ろすのがパワーが出るんで、
これをシューズ側から強制させていく。
僕の場合、O脚によるものなので母子球側が高くなるように
クリートとの間に1.5°カントがついたシムを挟んでいく。
挟んでは計測、挟んでは計測と膝の軌跡を出して真っ直ぐになるようにしていく。
最終的には右脚に4枚と足の長さを揃える為のスペーサー1枚、左脚もシム4枚。
最後にQファクターをBIKE FIT理論で計測し最終調整、
僕の場合はもっとQファクターを狭めた方がいいのだが、
機材的に限界、BB30のフレームにするかスピードプレーのペダルにするか、、。
すぐその場ではクリートを限界まで寄せるしかできなく、後はお金がかかる話なので‥

最後にペダリングデータとバイクのデータを取って完了。
今回はマキトさんの希望でBIKE FITとRETULの理論の差異を確かめながらやったので時間はかかったけど、
両方のいいトコ取りでより精度の高いフィッティングをしていただいた。

この後は子供たちが帰ってきて、たこ焼きパーティーとなり実走はお預け。
日曜日、晴れて実走。
とにかく脚全体でペダルにパワーを伝えている感じで力が逃げていかない。
力が逃げないから大腿筋に今まで感じたことの無い負荷を感じる。
多摩川を国立往復、流しているつもりでも、
風が強いが35km/h前後で巡航、
まるで超高剛性フレームに乗り換えたよう、力がハッキリと推進力に代わってる。

関戸側からの連光寺の上りもシッティングでしっかりトルクが掛かり、
アウターでグングン上がる。

家に戻ってきた時に脚の付け根に近い筋肉が疲労している。
多分、今まで使っていなかった筋肉だろう。

よく剛性の高いフレームに乗り換えた時に、
進むからって調子こくと最後に脚が売り切れるっていうのに似てるかも。逆に言うとそれだけ入力したパワーを逃がしてたってコトだ。

ペダリングスキルを磨き直すのと同時に
このポジションで走り込めば大きな武器になるだろうな。

マウンテンもハンドル、サドル、BBの位置関係を同じようにセットをして多摩川を走ってみた。
この日、然の練習にも付き合ってトータル40km。
CA340016.JPG

nice!(0)  コメント(1) 

検診日と昭和記念公園 [家族]

昨日は3ヶ月ぶりの検診日、
世田谷の病院までチャリで通院、往復18km。

骨の方はもうくっついてて、先生からも粘り勝ちだねと言われ、
いつでも抜釘して大丈夫とも。。
良かった、、初めはくっつきが悪くて超音波やるとか言われてたもんだが、
常に牛乳飲んだりとか意識してカルシウム取ってたのが良かったかな。

抜釘の再手術は仕事が忙しくない年明けにすることにした。


1日休みを取ったんで午後は、、
うたちゃんがコスモスが見たいというリクエストから昭和記念公園へ。

子供たちも遊べるし、久しぶりに行くと時間が足りないくらい楽しめたな。
CA340016.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

まだ調整

昨日は少し強度を強めてローラー、

10分アップ、
10分を心拍120、5分レストの後、
メディオ10分を2セット、
ダウンして終了、30km。
ローラーアップしながらまだ少しポジションを調整。
サドルをもう3mm後退させ、ブラケットを外へ若干開かせた。

うん、かなり具合が良くなってきた。
nice!(0)  コメント(0) 

更にポジション探求

日曜日に引き続きポジション探求。
ハンドルをしゃくっただけではブラケット位置は良いが
やはり下ハンは相当低くなり具合がよろしくない。
なので面倒くさがらず、バーテープ剥がしてブラケットを取り付けし直し。
近づいたブラケットに対してサドルも更に7mm後退、
バイクに乗る位置をセットバック、アップライトした感じで
マウンテンのバーエンドを握った時のイメージ。
20分ローラーで確認して、外に出て実走。

平地は始め高いかなとも思ったが意外に良い。
更にブラケットが上に移動したおかげで
ブラケット直下のRがキツい位置のハンドル部分が握れ、
そこもまた前のブラケット位置に近く、結果握れる場所が増えた感じ。

向陽台の登りでは相当いい感触だった。
しっかり状態が起こせてペダルが回せる!
これはいい、ブラケットが2cm近づいたのは大きい。
ぐるっと周って19kmで終了。

今まで見た目の美しさを優先したロードポジションだったが、
この一見素人ポジションっぽいセットだが、
大胆に変えてみることで新しい筋肉が使えたりと発見が大きい。
なかなかシーズン中は出来ないから、
もう少し探っていこう。。
CA340013.JPG

nice!(0)  コメント(2) 

マウンテンポジションへ

土曜の晩、子供たちと一緒に20時頃寝てしまった為、
まだ真夜中の2時に目が覚めてしまった。
深夜のテレビ見たり、iPodでネット見たりと時間を潰してみたが寝れず‥。
ぐだぐだしてたら4時半になり、ローラー開始。

もうロードバイクのレースは終わってしまったんで、
思い切って大胆なポジション変更しながらのローラー。

マウンテンのようなアップライトな姿勢を作るため、
プリンスのハンドルをかなりしゃくり、
ブラケット位置を高く近くして、
サドルを5mm下げ5mm後退させる。

これで前日と同じメニューでメディオ10分を3本。
マウンテンだと思えば特に違和感なく回せる。

部屋で1時間汗かいた後、まだ雨残りの中、外に出て確認。
多摩川から関戸橋渡って連光寺、
マックで朝食買って帰宅、40km。
nice!(1)  コメント(0) 

モチベーション‥

金曜日の晩から、家族が相模湖のマッキーん家にお泊まりで、昨日はフリー。
天気さえ良ければ銚子まで輪行ツーリングだったが中止。

ここで切れてしまったモチベーションを手繰り寄せるべくローラー。

メディオ10分を3本。
少し強めの強度でやって、うち平均心拍が166で2本。

久々のローラーなうえ強度が強い、
最後はちょっと気持ち悪くなったくらい上げた。後はダウンで強風の多摩川を流すが、
なんでもない是政橋の上でパンク‥。
ついてない‥やる気が削がれ帰宅、計40km。


今季最終戦として急遽、東伊豆のスポーツクラスにエントリー。
ここまでの不本意なレースに失意しててのエントリーだが、
モチベーションが保てるかギリギリだ‥。
nice!(0)  コメント(0) 

龍勢出れず

何だかなぁ‥
今秋、レース事はぜんぜん噛み合わず。

富士見、瀬女とマウンテンは不本意に終わって、
気持ちを最終戦、龍勢ヒルクライムに切り替えた矢先、
定員オーバーで1日の消印違いで申し込みが却下され出走出来ない。
これもパソコン壊れて手書きの現金書留での申し込みしか手段なく、
モタモタしてたからなのだが、、

この壊れる病の負のスパイラルにすっかりハマり込んでしまってる‥

乗鞍から始まったこの鬱憤を晴らすコトなく、
今シーズンは終了かも。。
nice!(0)  コメント(0) 

瀬女レースレポ [レース]

長い一日だった。。

7時からの試走の為、黒姫より瀬女へ朝3時過ぎに出発。
試走が終わって、アップ開始まではゆっくり出来ると思い、
バイクに注油しながらチェックしていると、
リヤディレーラーに異変が‥
チェーンがダラリとまったくテンションがかかっていない。
白馬の時と同様にスプリングが抜けてしまっているようだ。
知り合いのバイク屋さんを探すが、
前日のダウンヒルでみな撤収してしまったようだし。
こういう時にシマノやマビックのニュートラルがいない。

仕方なくジムの高橋くんを頼ってみた。
しかしシャドウディレーラーの再組立に難航‥
時間ばかりが過ぎ、焦りだしディレーラーを持っている人を探したり、
別の方法を考えだした時にF崎さんがいたので相談、
彼のネットワークを通じて、どうにかアンカーのメカに組み立て方を教えていただき、
3人で四苦八苦しながらも、どうにか走れる状態に戻った。

半ば諦めていただけに、直してくれた高橋くん、F崎さん本当にありがとうございました。

しかしアップの時間はほとんどとれずに、
スタート時間を迎えたが、走れるだけでも奇跡だった。

レースはアップ不足からかまだ脚が動かないどころか、序盤から攣り出してしまう。
一周目を20番手あたりで通過し二周目へ、
ピークからシングルを下ってきたら変速がおかしい。
ガマンしながら瀬女名物キモダメシ前の登りでストップ。
やはりリヤディレーラーが壊れてしまった‥。

ようやく体が温まってきた所でまたまたメカトラ‥
同時に気持ちも切れかかった。

ガチャガチャと掛かるギアで漕ぎ、登りは押してゲレンデへ戻ってくると、
そこには家族の応援があった。
家族はもちろん、今日走らせてくれた高橋くんとF崎さんにも応えなきゃと
行ける所まで行こうと再び気持ちに鞭を入れた。
少し冷静になってチェーン脱落を防止するため、チェーンテンションを保つ為にほぼアウターロー固定。
ほとんど登りは押しかダンシング、
平地はハイケイデンスで対応しながら走行。
いろんな筋肉が攣りだしまるで拷問のようだ。
しかしゲレンデへ戻ってくる度に聞こえる然の声援、
父親として諦めた姿は見せられない。
カッコ悪いが押しだろうが何だろうがバイクを前に前に進めよう。
然もきっとわかってくれるだろう。
一段と大きくなる然の声、涙が出てきそうだ。

我慢に我慢を重ね、四周で終わると思いきや、
な・なんとファイナルラップへ突入!?
正直勘弁してくれ~といいながら押しでゲレンデを登る。
僕を抜いていく皆さんに声をかけてもらう。。

最後はもうキモダメシも乗ってクリア、瀬女を楽しんで戻ってきた。
一際聞こえる然の声、ラストスパートしてゴール。

満身創痍、もう立てない‥
体中の筋肉とエネルギーを使い切った感じだったが、
迎えてくれた家族がいて不思議と達成感もあって爽やかな気分だった。


走らせてくれた高橋くん、F崎さん、ワイヤー譲って頂いたジムのA山さん、
本当にありがとうございました。
また大きい声援を頂いたたくさんの方、
家族をフォローして頂いた埼玉県人の皆さん本当にありがとうございました。
今回の結果は残念だったけど、
我が家にとってはもっと大きいものを得た気がします。

そして僕たちは応援でしか返すコトが出来ないんで
エリートの方々には最後まで命一杯の応援をしてから黒姫へ帰宅。

20時には黒姫に戻り、
長い長い一日が終わった。
nice!(0)  コメント(0) 

瀬女結果 [レース]

富士見に続きメカトラ、リヤディレーラー逝かれて変速できず‥。
結果、しかしアウターロー縛りでもどうにか完走の50位。

いつも以上のたくさん応援ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

然の富士スピードウェイ [家族]

今日は朝から富士スピードウェイへ。
然のレースの為だけに今週も遠征。

今年のゴールデンウィーク以来すっかり虜になった富士スピードウェイ。
然、やっぱりここへ来ると興奮しまくりでテンション高い!

今回は朝一番でキッズレース、
連れてくる親も楽だし主催者もわかってきたなって感じ。

レースは10番くらいでゴール。
どうやら折り返しのパイロンで補助輪が邪魔して転倒してきたらしい、
が、もう弱音も吐かずにしっかりしたペダリングで戻ってきた。
すっかり強くなったもんだ。
ゴール間際でアンカーの狩野さんに応援までしてもらってた。
僕達のコトはすっかり覚えていてくれてて、
「今週もですか~」なんて声かけてくれた。
うたちゃんも談笑してすっかり上機嫌。。

その後は樹ららへ向かって黒姫へ。
早い展開でお昼には到着、黒姫で明日の瀬女の調整。

ハードスケジュールだが明日早く瀬女へ向かいます。。
nice!(0)  コメント(0) 

ジョブズ

昨日アイフォーンの記事を書いたのに、
スティーブ・ジョブズ、死んじゃった‥。

残念、やっぱり天才は早死になのかもなぁ。

もう15年もMacから始まってアップル製品を使ってるんだから
直感的に動作させれるプロダクトを作ってきた彼の凄さはよくわかるよ。
そして彼も伝説になるんだろう。。
nice!(0)  コメント(0) 

auからアイフォーン

8年使ってるマウンテン、
6年使ってたノートPCのMac、
10年使っていた腕時計、
と使っている物が壊れたり不調だったり‥
みんな長く愛用してたもんばかりでから仕方ないが、
さらに携帯電話がもう限界に近い。

もう4年以上使っているG'zOneの携帯、もう電池が1日持たない上に、
auから電波の整理で来年の7月には使えなくなるとのお知らせが、、

さすがタフネス携帯、壊れるコト無くキズキズになりながらも
不満なくここまで使ってきた。

が上記の状況で最後のG'zOne携帯にしようかなと思ってた矢先、
ここで遂にというか待ってましたというか、
昨日、auからiPhone発売の正式アナウンス。
Macユーザーの僕は大歓迎!っていうか、
ソフトバンクだったから使わなかったようなもん。

しかし、、嬉しいが今の僕の使い方からはどちらも一長一短あって悩む。
でも選択肢が増えるっていうのはいいね。
nice!(0)  コメント(0) 

久しぶりにローラー

最近涼しくなり日中に汗かくことも少なくなったので、
久しぶりにローラーやって汗を流す。

20分120拍 強度を上げるというよりも、
筋肉をほぐす感じで回す。
その後はやっぱりマウンテンに乗っておきたかったんで
イエティに乗って前夜と同じく是政~稲城大橋ダートへ。
1本走って後はダウンしながら流して終了、18Km。

あともう一日強いのやって瀬女へ向かおう。
nice!(0)  コメント(0) 

ナイトダートラン

夕べはイエティで河川敷ナイトダートラン。
是政~稲城大橋間を2本。
暗いんで流石にフルアタックとはいかないけど、
路面状況がわからないから、バイクの挙動とトラクションに神経を集中させる。
すると見えない分、タイヤと路面のコンタクト状況が良くわかり、
かえってスムーズに走らせられてる気がする。

このまま山にも入っちゃおうかとも思ったが、
流石に今のライトじゃ照度不足すぎ‥、
この後は向陽台~稲城駅前~ジャイアンツ坂と
ロードのショートヒルクライムして帰宅、20Km。
nice!(0)  コメント(0) 

ファンタジーキッズリゾート海老名 [家族]

一昨日の日曜日、朝からチャリママ友家とこどもの国へ。
しかし雲行きが怪しく雨がパラパラと‥
入園前に両家で協議して急遽インドアで遊べる
『ファンタジーキッズリゾート海老名』へ。
うたちゃんが作ったお弁当は食べれないが、
我が家は初めて行く場所なんで僕も少し楽しみ。

多摩センターのアメージングワールド程度を想像していたら、
中はビックリするほど広いし、遊具も沢山あって大人でも楽しめちゃいそう。

然は真っ先に電動カートへ、一晴だって1人で乗れちゃう。
エアドームは何種類もあって駆け回ってるし、
インドアなのに何と抗菌砂場まで。
一晴はこの砂場が気に入って、ずーと遊んでた。
お昼は一旦退場して、再入場。
子供達は再充電され午後はまたエネルギッシュに遊びまくり。
然なんてイベントスペースでの綱引きまで参加してた。

まだまだ遊びたいようだったが15時なのでまた来ようと言って退場。

現地でチャリママ友家とも解散したが、、
そう言えば両家ともお弁当が丸々残ってるのを思い出し、
帰路の車の中でTEL、我が家でお弁当持ち寄って夕飯にしない?と。
子供達も車の中で昼寝してリセットされたようので18時より第2ラウンド決定!
先週に引き続いてだったけど、家の中でレジャーシート広げてピクニック気分。
親たちもようやく腰を落ち着けておしゃべり出来た。
僕はもちろんマキトさんとチャリ話。
またまたあっという間に時間が過ぎ、
21時子供達も寝る時間で解散。
楽しい時間でした。
CA340009-0001001.JPG

nice!(0)  コメント(0) 

移動しまくりの日

土曜日、日産アンカーフェスティバルの前に
朝少し近所のトレイルへ。

ここも台風のダメージが少なからずあった。。
いつもと逆回り、上り重視で練習してみる。
一時間ほど10Kmくらい走って帰宅。

この後が忙しかった、
車検に出してた車を取りにディーラーへ行き、
それから津久井のお義姉さんトコの運動会へ行ってる然たちを迎えに。
そこら横浜の日産スタジアムへ向かい然のレース、時間もギリギリ、、

レースは補助輪つきではぶっちぎり、
未就学児クラス全体でも真ん中くらいではゴールすりようになってきた。
そういった表彰が無いのは残念だけど、
まあ抽選会で盛り上がれたんでそれ以上だったけどね。

最後帰りにに横浜のワイへ行きがてら
アンパンマンミュージアムで夕飯して帰ってきた。

この日、移動距離だけでも140Km‥
楽しかったがハードだったなぁ。。
nice!(0)  コメント(0) 

レベナカップ [家族]

ビックリ!!!、
2年連続でレベナの自転車の当たりを引き当ててもらった然。
クジを引いたアンカーの狩野さんも去年を覚えてくれてて驚いてた。
我が家も流石にに2台目は申し訳なく辞退。

代わりに表彰台でアンカーの皆さんと記念撮影してもらって、
大満足でメチャクチャ嬉しそうな然。。

帰りがけ狩野さんが待っててと言ってくれてたので、
表彰式が終わるのを待ってた。
すると個人的に撮影会してくれたり、
アンカーブースで藤野監督のウィンブレを貰ってサインくれたりと
至れり尽くせりで自転車貰う以上の価値ある抽選になったな。
なんだか去年以上にアンカーチームと、
本当にナイスガイな狩野さんに、勝手ながら親近感を覚えてしまう親たちでした。。


しかし然、本当に何かもってるな。。
CA340008.JPG

nice!(0)  コメント(1)